CMランキングからついに消えたAKB48 ついに。

Sponsored Link

 
7月7日、ニホンモニター株式会社から発表された「2016上半期タレントCM起用社数ランキング」。女性タレント部門では上位20人が発表されたが、その中にAKB48のメンバーは入っていなかった。

 1位になったのは、12社のマツコ・デラックス。2位は、11社の有村架純、広瀬すず、吉田羊。3位になったのは、10社のローラ。以下、9社の綾瀬はるか、7社の吉田沙保里、平佑奈、渡辺直美らがランクインしている。一方、数年に亘ってランクインしていたAKB48関連グループのメンバーは20人の中には誰一人入らず、広告業界でのAKB離れが明らかになった。ただ、マツコ・デラックスが女性タレントに入っていることに疑問はあるが。
 全盛期の2011年には、大島優子が19社、前田敦子、篠田麻里子が17社など、トップ20のうち半数以上をAKBメンバーが占めていたこともあったが、当時の人気メンバーが続々と卒業し、昨年には10社の指原莉乃1人のみランクインとなっていた。

 人気のバロメーターともいえるCM出演数の変化に、AKBの国民的アイドルから一部のコアなファンが支えるグループに落ちたことが明らかになったとも。
 この変化の影響は、先月の選抜総選挙生中継特番でも見て取れる。マスコミでは、上位ランキング発表時のラスト30分の視聴率だけで好評だったように報じていたが、19時から20時51分までのゴールデン帯での平均視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とこれまでの最低となり、テレビ中継でも同時間帯初の一桁に。ネット上からも「ネット配信でもいいだろ」「テレビで中継するな」などの批判の声も上がった。
 AKBは世代交代に失敗し、今年の総選挙後のある番組では「6位以下のメンバーが誰だかわからない」が話題になるほど。これではCMのオファーが来るわけもない。

 元々、出すCDがミリオン突破を連発しているとは言っても握手券やら投票券やらを目当てとした一部のファンの大量買いの成果で、その辺は出演番組の視聴率からも明らかだったはず。
 国民的アイドルというのもマスコミが言いだしたわけで、これまで国民的アイドルと呼ばれてきたアイドルたちとはファンの数が違っていた。所詮、小劇場からスタートし、マスコミやプロデューサーの戦略でトップアイドルと呼ばれるようになっただけのグループにそれ程の人気があるわけもなく、CM業界が手を引くのも当然のこと。
 
 2011年当時、栄華を誇ったメンバーも今では細々となり、かつての面影はない。卒業しても在籍していても状況は厳しくなってきている。このまま泥船のごとく沈んでしまうのだろうか? 最大の収入源でもあるCMを失って、今後の展開は・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ