フジテレビ系ドラマ「HOPE」をめぐる思わくが!?

Sponsored Link

 
7月5日、東京・後楽園ホールで7月17日からスタートするドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」(フジテレビ系)の壮行会イベントが行われ、主演のジャニーズ・Hey!Say!JUMPの中島裕翔(22)や遠藤憲一(55)、山本美月(24)、瀬戸康史(28)、桐山照史(26)、山内圭哉(44)が出席した。
 ドラマは、囲碁のプロ棋士の夢に破れた高卒の主人公・一ノ瀬(中島)が、社会経験もないまま総合商社で働くこととなり、組織の一員として認められるようひたむきに頑張る姿を描く。韓国で人気となったウェブ漫画を実写化した韓国ドラマ「ミセン-未生-」(2014年)のリメーク作品。
  
 イベントで、主演の中島の上司役の遠藤が「視聴率は水ものなのでどうなるか分からないですけど」と前置きしつつも、「ドラマを見た人が“つまんねえなぁこの作品”って意見が圧倒的だったら、俺、俳優業を引退する」と豪語、会場を沸せるシーンもあった。
 さらに、遠藤は初主演の中島に「1話を見たんですけど、中島君の芝居にやられて何カ所かで泣いてしまったんですね。間違いなく中島君の代表作になる」と絶賛、最後も「傑作ドラマ生まれました。ぜひ見てください」とアピールした。

 こんな流れからか山本美月が「7月クールのドラマで一番視聴率がよかったら、水着の写真集出します!」とビックリ宣言まで飛び出した。山本は基本、水着はNGで、並々ならぬ決意の表れとも思われたが、どうも実際には単なるリップサービスだったのではという見方が。
 一番の視聴率なんて取れるわけがないと・・・。
裏のTBSでも人気のドラマ枠「日曜劇場」があり、日本テレビでも「行列のできる法律相談所」がある。最近のフジテレビのドラマはことごとく惨敗、前期の「OUR HOUSE」は芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックスのW主演でも全話平均視聴率で4%台の惨敗で9話で打ち切り。かの福山雅治主演の月9ドラマ「ラヴソング」でも月9のワースト記録を更新する始末。フジの現状を考えれば視聴率で一番になるなんて到底考えられないだけに、ハナから水着になる気はないとも。

 しかしながら、中島はジャニーズの次期社長と目される藤島ジュリー景子副社長の大のお気に入り。そんな中島の初のドラマ主演作をフジテレビとしては大コケさせることはできない。今後のジャニーズとの付き合いのためにも必死のよう。
 ジャニーズとの絡みでいえばTBSも気を使っている。TBSは来年1月期で木村拓哉主演のドラマが予定されている。そのつながりで今回は、ライバルでありながらも強力な対抗馬をぶつけてはこなかったようでもある(寺尾聡主演の「仰げば尊し」)。寺尾に対して失礼な気もするが。
 それでも視聴率は水もの、どういう結果になるはわからない・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ