フジテレビ「日曜ファミリア」枠の深刻な状況!?

Sponsored Link

 
7月3日にフジテレビ系で放送された「日曜ファミリア・日本のお宝を取り戻せ!」(19時~20時54分)の平均視聴率が3.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と大コケだったことがわかった。
 「日曜ファミリア」は、日本テレビ系の「ザ!鉄腕!DASH‼」やNHKの大河ドラマなど人気番組が競合する日曜のゴールデン帯に、フジテレビが昨年の10月期から新設したバラエティ枠。毎回、違った企画の内容で放送されているが、前回の「日曜ファミリア・やっちまったTV~ダイエットなんて関係ない!おデブちゃんがやっちまったSP~」の平均視聴率は6.4%だった。
 今回の「日本のお宝を取り戻せ!」は、海外に流出した日本のお宝を追って、韓国、イギリス、アメリカ、イスラエルなど大規模な海外ロケを敢行。「皆さんは今、日本が誇るお宝の流出がどれだけ深刻な状況かご存知ですか? 文化庁の発表によると、172もの国宝や重要文化財の行方の確認ができないままになっています」と、ナビゲーター役の俳優・要潤のナレーションで番組は始まった。フジテレビでは「硬派で濃密なドキュメンタリー映像」と謳っていたが、これといった演出はなく地味な映像の連続で、視聴者の関心を引くことはできなかった。
 同枠では他に、ヒロミと松本伊代が司会の「やっちまったTV」や的場浩司と西内まりやが司会の「世界ベスト・オブ・映像ショー 頂上リサーチ」など繰り返し放送されている企画もある。今回の「日本のお宝を取り戻せ!」もシリーズ化を狙っていたようだが、かなり厳しそう。
 数少ないこの番組を見た人がネット上に出した感想は、「この番組、なんか気持ち悪いな」「日本のお宝じゃなくて、いつの間にかセザンヌの絵画の話なっている」「もう脱線しすぎて、何のお宝の調査だかわからん」など厳しい声が。
 フジテレビは今、ゴールデン帯でもスポンサーが集まらず、経費削減の影響が現場に圧力をかけている。企画段階で大風呂敷を広げたものの、予算が足りず、番組の構成が崩壊、こうなってしまっては元も子もない。
 
 この低視聴率の流れを受けた21時からのドラマ枠も苦戦している。4月から復活したドラマ枠最初の「OUR HOUSE」(芦田愛菜、シャーロット・ケイト・フォックス主演)は全話平均視聴率4.51%と大コケ。裏のTBS系「99.9-刑事専門弁護士-」(松本潤主演)が全話平均で17.15%と完敗した。しかし、7月から始まる「HOPE~期待ゼロの新入社員~」では、何かとお騒がせのジャニーズ・Hey!Say!JUMPの中島裕翔の主演作となるだけに大コケも出来ない。何せ、裏のTBSにも気を使わせ、ジャニーズの藤島ジュリー景子副社長のお気に入りの中島の初主演作とあってか、今後のジャニーズとの付き合いを考えてか、必死の番宣を展開している。
 フジテレビの深刻な状況は日曜だけではないが、7月期の日曜は特に注目される・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ