AKB48のリハでの態度悪すぎ、怒鳴る総監督・横山を無視!?

Sponsored Link

 
6月26日に放送された「情熱大陸」(TBS系)で、AKBグループの態度の悪さが物議を醸している。
 放送では、昨年12月に前任の高橋みなみからAKB48総監督を引き継いだ横山由依が登場。その責任の重さや、握手会でファンの列の出来ないなど自身の人気の無さに落ち込む姿などが映し出されたが、問題となったのは番組後半でのライブのリハーサルシーン。
 スタッフが拡声器で指示を出している場面で、話を聞いていないメンバーに横山が、「聞いてないけどわかってんの?説明してるから聞いて!」と怒鳴ったが、雰囲気はあまり変わらず、横山の後ろにいた金髪のメンバーは、横山をにらみ一喝を無視するかのように勝手に踊りだしてしまった。
 この様子が放送されるとネット上では、「怒られてもふてくされるだけで小学生以下」「やる気なさすぎ。スタッフも厳しく接した方がいい」などと、批判の声が上がった。

 だが、AKBグループの現場での態度の悪さは今に始まったことではないという。以前にも、ライブのリハーサル中に私語を止めないメンバーに対して、大島優子が「たかみな具合悪いんだから、ふざけんじゃねーぞ」とブチ切れした様子が、ドキュメンタリー映画のなかで放送されたことがあった。この時は、高橋が前日熱中症で倒れたことで、大島が気遣ったとされているが。
 それにつけても、これまでは高橋みなみというカリスマの存在でグループ内がまとまっていたが、新総監督になった横山には、そこまでのカリスマ性も求心力もないのが現状のようだ。

 一部のファンの間でも、先日の「選抜総選挙」での渡辺麻友が語った「今、AKB48はピンチ」「今のメンバーだけではカバーできない」「AKB48をこのまま終わらせたくない」と異例の警告に対して、この様子から納得できたという声も聞かれる。スタッフも惰性でやってる感があるし、これではとても“いいパフォーマンスを披露しよう”というような姿勢は見えないと厳しい声も。
 また、新総監督の横山にしても、求心力や資質だけが問題ではなく、横山の先輩メンバーなどからの協力や支えようという姿勢が見えないとも。横山のキャリアや総選挙での順位からすれば、抜擢されたというのは明らかで、先輩や他のメンバーの協力なくしては成立しないのも明白。それなのに、横山が怒鳴ったシーンで、隣にいた峯岸みなみは知らんぷり。にもかかわらず、峯岸はツイッターでこの番組を見ることを呼びかけていた。総監督の密着番組を観ないようなメンバーは論外だし、それを呼びかけないといけないようでは、グループとしてプロ意識が低すぎると感じ得ない。
 今年の総選挙では、上位メンバー発表のラスト30分の平均視聴率ばかりが取り上げられていたが、全体の平均視聴率で見れば年々下降していることは明らか。良いところだけを強調するのは、今のAKBの苦境を浮き彫りにしているともいえる。
 近く、ドキュメンタリー映画の第5弾も公開になるが、今のAKBの状況・今後の展開が問われることになるかもしれない・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ