能年玲奈、篠田麻里子のインスタ登場にバーニング内移籍の噂が浮上!?

Sponsored Link

 
7月1日、女優の能年玲奈(22)が久々に姿を見せた。とはいっても、元AKB48の篠田麻里子(30)のインスタグラムに女優の渡辺えり(61)と3ショットでのこと。
 能年は5月10日以降は自身のブログも更新していないので、久しぶりの露出にファンからは篠田のインスタに喜びのコメントが挙がっている。能年としては、6月末で所属事務所のレプロエンタテインメントとの契約が切れたとされ、最初の露出が篠田のインスタということにある憶測が広まっている。

 実際には能年がレプロとの契約が切れたかどうかは、双方から正式な発表はなく何とも言えない。ただ、自身のブログを2ヶ月近くも更新せず、7月に入った途端に篠田のインスタに登場したことには何らかの意図が有るのでは見る向きがある。
 能年はこれまで、レプロとの契約更新を頑なに拒んできたという。芸能界の常識的には、こういうい形で事務所との契約が切れると、事務所からの圧力で干されてしまうこともある。独立しても芸能活動がうまく行くかどうかは難しいところ。
 他の芸能人からしても、能年との関わりはプラスにはならないだけに、突然、篠田のインスタに登場すること自体不自然なこと。篠田の所属事務所は、能年のレプロと同じバーニング系列のサムデイで、グループ内での序列で言えばレプロより上となる。芸能界最大派閥ともいえるバーニングだけに、能年の横流し移籍の可能性とみる週刊誌記者もいる。

 何ら正式な発表がない状態なのであくまでも憶測でしかないが、バーニングの意向で格上事務所への移籍であれば、レプロも文句は言えないし、能年も干されることもなく、芸能活動を再開できる。ただこれも、能年側が納得していればの話。能年が契約更新を拒んでいた背景には、崇拝する滝沢充子氏がいるし、個人事務所の問題もある。これらが簡単に収まるとも思えないし、レプロ側だって不満はあるだろう。それに、能年と渡辺は「あまちゃん」で共演しているが、篠田との繋がりは読めない。
 篠田としては、5月に映画「テラフォーマーズ」が大コケして以来、あまり露出していない。9月からは舞台が入っているようだが、それまでは話題がない。能年の事務所移籍と関係があるかどうかは定かではないが、篠田としても話題作りに能年を利用したようにもみえる。おかげで、このように話題にもなったし、いろんな憶測も呼んでいる。篠田にとって、能年との絡みはプラスに働いているのかもしれない。
篠田の方はどうでもいいが、能年の今後の動向には注目したい・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ