ジャニーズ事務所の社長退任の噂は如何に。

Sponsored Link

 
2020年の東京オリンピックに向けて、都知事の交代やら裏金疑惑など何かと騒動が巻き起こっているが、芸能界でも利権絡みの動きが活発になってきている。
 秋元康氏がAKB48関連グループを、食い込ませようと動いていてアジア統一のASIA48を作ろうとしているとか、大手芸能プロが武井壮のようなスポーツのデキるタレントを2020年に向けて育てようと準備しているとか。この機を逃せば、もう日本でのオリンピック開催は50年はないと言われているだけに、何かしらの関連の仕事ができれば紅白出場以上のインパクトを残せると躍起になっていると語るスポーツ紙記者もいる。

 その中でもジャニーズ事務所の動きが注目される。2020年には“嵐”が40歳代を迎え充実の時期。その嵐をリーダーとしたオリンピック向けの連合のグループを作る計画があるようだ。アジアツアーを成功させ、今後も世界を視野に打って出たいジャニーズが、開会式に食い込もうと、豊富な資金と人気、人脈を駆使して動いているという。

 しかし、その動きのなか弊害となりそうなSMAPとジャニー喜多川社長に大きな動きがあるのでは見る向きがある。 
 かつて、ジャニー喜多川社長には“少年愛”報道があった。少年愛に対して厳しい諸外国の手前、ジャニー氏が社長のままでは構想も水の泡となりかねない。そのために、嵐をリーダーとしたい次期社長と目される副社長の藤島ジュリー景子氏と母親のメリー喜多川副社長は共闘して、ジャニー氏の退任とSMAPの解散を目論んでいるされる。SMAPも1月の解散騒動後、後ろ盾だった元マネージャーの飯島三智氏を失い、藤島ジュリー景子副社長の監視下にある。CMやレギュラー番組の調整がつけばすぐにでも解散させることもできるという。実質的にSMAPとしてのCMはなくなっているし、SMAP5人としてのレギュラー番組はフジテレビの「SMAP×SMAP」だけで調整もそれ程難しくはないのだろう。
 来年には、ジャニー氏を勇退させ、SMAPを解散、藤島ジュリー景子氏が社長となり、政財界にアプローチをかけていく計画のようだ。何せ、藤島ジュリー景子氏の父親は財政界に顔の利いた亡き藤島泰輔氏で手を貸す大物は大勢いるらしい。

 こうなってくると、5月のジャニー喜多川社長のSMAP解散についてのコメントも効力はかなり短くなりそう。今年は何とかなっても来年には解散となる可能性は高い。やはりSMAPは解散となってしまうのだろうか、このままでは回避は難しそうだが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ