フジテレビ「27時間テレビ」の限界

Sponsored Link

 
7月23~24日に放送されるフジテレビ夏の恒例行事「FNSの日」。今年のテーマは「FNS27時間テレビフェスティバル!」とし、総合司会を置かず明石家さんま、SMAP・中居正広、ネプチューン、坂上忍らがリレーで番組をつないでいく。

 ここ最近では、視聴率の下降や質の低下ぐらいしか話題にならない同番組だが、かつては40%ちかい瞬間最高視聴率をマークしたこともあった。1978年の日本テレビの「24時間テレビ」に遅れること10年、87年に始まったフジテレビ「FNSの日」。アンチ日テレ、アンチ感動路線、を掲げてのスタートだった。
 第1回目は、タモリと明石家さんまを総合司会に、当時はまだ局アナだった逸見政孝が進行役として起用された。当初からチャリティー番組ではないと強調していたのに、番組中に募金箱が届き、タモリがあらためて「この番組はチャリティではありません」と苦笑するシーンも。また別の年では、ビートたけしが「24時間テレビ」を意識して、「愛は地球を救わない」と言い放ち話題にもなった。

 放送時間も当初は23~25時間だったが、96年の10周年として30時間に挑戦して以降は27時間が定着していった。ライバルの日テレよりも長くということもあるらしいが、地方のFNS加盟局が27局というのも意識されているらしい。元々は、フジテレビ系列を挙げての年に一度のお祭りの意味合いが強かった。最近では批判されることの多い、内輪ウケの要素もこれらに起因するところが大きい。
 かつて、とんねるずらが、マスコミ業界の内輪ウケをネタに笑いを取った時期もあった。番組が始まった80年代ならともかく、今どき内輪ネタで笑いがとれるものでもなくなった。確かに当時は、内輪ネタにも新鮮味も、業界内にも魅力もあったが、それも今ではほとんど知られるところとなり、新鮮味も魅力も無くなってしまった。未だに当時の面影を追うフジテレビの姿勢がオワコンのよう。

 今年はメイン司会を置かないというリレー方式をとったのも、メイン司会を断られた経緯があるようだし。低視聴率の責任を負わされるのを避けた芸能人が多いとも。
 既に芸能人のフジテレビ離れが始まっているともいわれるし、スポンサー離れもあるともいわれる。一部の企業では、フジテレビよりもテレビ東京のほうがコストパフォーマンスが良いともいわれ始めている。
 こんな状況で行われる「FNS27時間テレビ」は、いったいどうなのだろうか・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ