AKB48のDVDに価値は無いのか!?

Sponsored Link

 
 6月24日、オリコンが「2016年上半期ランキング」を発表した。
「シングル部門」では、AKB48の44枚目シングル「翼はいらない」(キングレコード)が148万枚で1位、2位もAKB48の43枚目シングル「君はメロディ」が129万枚を売り上げ、6年連続で1.2位を独占した。更に、姉妹グループのSKE48やNMB48、HKT48のシングルも30万枚前後の売り上げでトップ10入りを果たしている。
 しかし、50位まで発表されている「ミュージックDVDランキング部門」、20位まで発表されている「ミュージックBlu-ray部門」では、AKB48および姉妹グループの作品は一つも入っていない。嵐やHey!Say!JUMPなどのジャニーズ系やEXILEや三代目J Soul Brothersなどは複数ランキングしているにも関わらず。
 ちなみにAKB48が2016年上半期にリリースした映像作品は、「第5回AKB紅白対抗歌合戦」「TOYOTA presentsAKB48チーム8全国ツアー~47素敵な街へ~」「AKB48単独リクエストアワーセットリストベスト100 2016」「AKB48グループリクエストアワーセットリストベスト100 2016」の4タイトル。このほか姉妹グループのコンサートの映像作品もリリースされており、それぞれ冠番組などではDVDおよびBlu-rayのCMも流されていた。
 「上半期ミュージックDVDランキング部門」の50位に入っている倖田來未のライブの推定累積売上枚数は1万1832枚、「ミュージックBlu-rayランキング部門」の20位にランキングされているEXOのライブは1万9993枚とあり、AKB48や姉妹グループの映像作品はこれらを下回るということになる。

 確かに、AKB関連のシングルCDは、握手券や投票券目当てに複数枚購入するファンがいることはあまりにも有名だが、数万人規模の全国ツアーを行っているAKB48の映像作品が、ここまで売れないというのも。
 シングルCDはミリオン超を連発しても、映像作品は1万枚前後でランキングすらしない。AKB関連グループのライブには、改めて見返すような価値は無く、ファンすら買わないという。握手券や投票券の需要はいうまでもなく、CDすら付属物のようで、AKBにとって歌やダンスも添え物にしかなっていない現実がある。
 テレビの音楽番組でも生歌・口パク論争にもなったが、ライブでもほぼ口パクのAKB。口パクならCDで聞いても同じだし、YouTubeなどでPVも見れる。映像作品が売れないのも納得できるが、握手会などの接触にしか興味の無いファンに思うところはないのだろうか。
 この状況から、自分たちが売れていると錯覚することに疑問を感じるが、卒業生たちが失速するのも十分納得できるというもの・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ