「SWITCH」の木村拓哉特集でみえてきた。

Sponsored Link

 
7月20日発売予定の雑誌「SWITCH」(パブリッシング)の8月号で木村拓哉のファッションに注目した「木村拓哉 アウトローへの道」という特集がくまれることがわかった。「待望の木村拓哉のファッションストーリーを展開する」という特集で、同誌のサイトによれば、「撮影の朝、ワードローブの中から私服をスーツケースに詰め込み臨んだ」といい、木村が全てのスタイリングを担当したという。

 これに対して、一部ジャニーズファンからは、「事務所のキムタクびいきが始まった」「ジャニーズは、好感度を回復させようと必死だな」などといった声が上がった。

 木村と言えば1月の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)での生謝罪以降、SMAPの裏切者のイメージが定着し、先日熊本地震の被災地にはいり石原軍団の炊き出しに参加した際にも「ジャニーズの御膳立てだろ」と酷評される始末。笑福亭鶴瓶や香取慎吾などと何度もお忍びで被災地に出向いている中居正広と比べられ、「中居はコソコソ動いているが、マスコミを引き連れアピールするキムタクはカッコ悪い」などと揶揄されることにも。
 一部のSMAPファンからは「グループが大変な時期に、キムタクをピックアップしている場合じゃない」などと苛立ちを訴える声もあり、仲の良い5人が見たいと願っているファンにとって、このタイミングでのキムタク特集はファン心理を逆なでしているとも。また、昨年テレビで放送された工藤静香の密着企画で工藤が買い物している様子から、「私服といっても、どうせ静香の趣味でしょ?」などと、これまでプライベートを見せてこなかった木村が、私服を公開することで家庭での顔を連想させると、嫌がるファンも少なくないという。

 噂では関係修復は不可能とまでいわれるSMAP。この時期にキムタク特集を出す意味とは?

 それにしても、木村の炊き出し参加への評価はよくない。殆どのメディアで取り上げられているが、同様に批判も多い。特にお忍びで何度も現地入りして、ボランティアに参加している中居と比較して、事務所の御膳立てで石原プロモーションの企画に乗っての参加には、炊き出しをイメージ回復に利用しているようにも見える。本人にはそういった自覚は無いとは思うが事務所にしてみればそういう狙いは明らか。マスコミから多くの報道された木村と一般人のSNSから話題になった中居、素人目でもその扱いの差は歴然で、事務所との確執の深さを感じる。やはり、9月には何らかの動きがあることは間違いないだろう。SMAPファンが納得できるものならいいのだが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ