アンジュルム・田村芽実、卒業!

Sponsored Link

 
5月30日、東京・日本武道館でハロー!プロジェクトの9人組アイドルグループ・アンジュルムが、「アンジュルムコンサートツアー2016春「九位一体」~田村芽実卒業スペシャル~」を開催し、田村芽実(17)がこの日を持ってグループとハロプロから卒業した。ライブ終盤の卒業セレモニーでは1万人のファンを前に、「皆さんと一緒に歩んできた、一生忘れることのない1752日を胸に抱き、明日から小さいけれど大きな一歩を歩んで行こうと思います」と挨拶し、「一人前の表現者になって帰ってきます」と決意も表した。

 田村は、2010年5月に「夢見る15歳」でメジャーデビューした「スマイレージ」の2期生として2011年に加入。2014年に3期生が加入し同年12月に「アンジュルム」へ改名している。メンバーはリーダーの和田彩花(21)、2期生の中西香菜(18)、竹内朱莉(18)、勝田里奈(18)、3期生の相川茉穂(17)、室田瑞希(17)、佐々木莉佳子(15)、昨年加入した4期生の上國料萌衣(16)。

 本編終了後のアンコールでは田村のメンバーカラーの紫のサイリウムと共に、ニックメームの「めいめい」のコールに迎えられ登場した田村。「こんな群馬の田舎で生まれたただの女の子をこんなに応援してくれるなんて一生分の運を使い果たしたんじゃないかというくらい」「このメンバーのことを心の底から愛しているので、これからもアンジュルムの応援よろしくお願いします」「夢のような毎日を観させてくれて本当にありがとうございました」と感謝を述べた。アンコール終了後も鳴りやまない「めいめい」コールにふたたび登場。
「私は17年間生きてきたんですが、今日が一番幸せな日ですし、世界中で私以上に幸せな人はいないんじゃないかなって思いました。本当に感謝しています。ありがとうございました!みなさん大好きです!」とファンに呼びかけ、ステージを後にした。

 またこの日は、ハロプロのリーダーも務める「℃-ute」の矢島舞美(24)も駆けつけ、「卒業おめでとう。これからは大勢の役者さんのなかでミュージカルのステージに立つめいめいの姿が楽しみです。立つステージが変わっても、いつまでも仲間だよ。4年半本当にお疲れ様でした」とねぎらいの言葉をかけた。今後田村は、ミュージカル女優を目指すことを表明しており、歌やダンスのレッスンに入るとみられる。

 5月31日には、同じ日本武道館でモーニング娘。’16の鈴木香音(17)の卒業公演が行われる。
昨年12月に同じく17歳で卒業していった鞘師里保、2009年に卒業した久住小春(23)も17歳だった。また、後藤真希(30)や辻希美(28)もグループを卒業したのが17歳のとき。スマイレージの前田憂佳(21)が2011年に卒業したのも17歳。
ハロプロにおいて17歳という年齢は色々と転機を迎える歳なのかもしれない・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ