AKB48・渡辺麻友が卒業!?

Sponsored Link

 
AKB48の中でも中心メンバーのひとり渡辺麻友(22)に、卒業の噂が流れ出している。早ければ、今年6月に行われるAKB選抜総選挙後に発表があるのではという。根拠とされるのは、今月8日に行われた握手会で、「(来年の総選挙には)絶対出ない」とコメントしたこと。ファンを前に卒業を匂わせるコメントを残すということに、すでにその意思が固まっているのではと見る向きが。

 渡辺は2014年にAKB選抜総選挙で1位を獲得し、2015年には「戦う!書店ガール」(フジテレビ系)で初主演を果たすも、最近では話題の中心ではなかった。また、ある番組で「AKBは客観的に見て真面目な子が損をする世界」と運営側に不審感を募らせていると思わせる発言もしていた。

 今月16日の中居正広(43)が司会を務める音楽バラエティー{Momm!!」(TBS系)に出演した際、番組中視聴者からの“媚を売る同僚”についての相談があり、媚び売りについての議論が展開された。これに対して渡辺は「AKBも若い女の子の大群なんで・・・」と語りだし、有力な業界人に媚を売っているメンバーがいると告白した。「それが才能なのかもしれないけど、身内に敵を作っちゃいますよね」と不信感をあらわにした。渡辺自身、容姿は勿論、性格もアイドルとして模範的な優等生。媚を売り要領の良さで人気になっているようなメンバーの存在は、渡辺の中でストレスとなり、グループや運営側に対する不信感となっているようだ。

 また、同番組の中で中居に「AKBの子に友達はいないでしょう?」とツッコまれた場面では、「いますよ」と即答し、同期の柏木由紀(24)の名前を挙げたが、2人で食事に行ったというエピソードが約2年ぶりだったというオチに中居も苦笑していた。柏木と渡辺ではタイプが異なり、友達というより同期として、仕事上の友人なのではと思われる。グループ内に親しくできる友人がいないというのも卒業を後押ししているのかもしれない。

 グループ内メンバーや運営側への不満や不信感が、卒業を意識させたのだろうか。一部では、太っ腹のオタクに貢がせたり、有力な業界人に媚を売るメンバーが目立ち始め水商売のようなチャラチャラした雰囲気になっているともいわれ、アイドル界のトップを目指して頑張ってきた渡辺は現状に不快な思いをしているとも。また、最近のAKB人気の凋落を嘆いているとも。その真意は定かではないが、人気メンバーが続々と卒業していくAKBに将来像を見出せなくなっても仕方ないのかもしれないが、総選挙前のこのタイミングでは宣伝と取られても仕方ない気も・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ