福山雅治主演月9「ラヴソング」。月9最低視聴率更新!?

Sponsored Link

 
歌手で俳優の福山雅治(47)主演の月9ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系月曜午後9時)の5月16日に放送された第6話の平均視聴率が6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが、17日に分かった。

 福山にとって3年ぶりにフジテレビの看板ドラマ枠での主演作ではあるが、視聴率は大苦戦。遂に月9史上最低を更新することに。これまでの最低視聴率は、2014年4月期の「極悪がんぼ」(尾野真千子主演)第10話の7.8%。6話目までの平均視聴率も8.8%で、月9ドラマ最低平均視聴率を更新した今年1月期の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(有村架純、高良健吾主演)の全10話平均9.7%を下回るペースとなっている。

 4月11日の初回は、10.6%と2桁ではあるが月9としてはワーストのスタート、第2話で9.1%と早くも1桁に転落、第3話で9.4%とやや持ち直すも、第4話では8.5%と8%台へ、第5話目8.4%とさらに数字を下げ、今回月9史上最低を更新した。

 この日の同時刻、茨城県を震源に震度5弱の地震が発生。裏番組のNHK「ニュースウオッチ9」(月~金曜午後9時)が21.5%の高視聴率を記録、その影響をもろに食らった形となった。

 ヒロインには100人以上の中からオーディションで選ばれたというが、福山と同じアミューズ所属の新人で演技未経験のシンガーソングライターの藤原さくら(20)が抜擢された。福山演じる夢破れた元プロミュージシャンで今は臨床心理士の神代広平と藤原演じる孤独を背負った吃音の少女・佐野さくらが音楽を通じて心を通わしていく感動のヒューマンラブストーリーということだったが、5月21日の第7話では、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)でナイティナインの岡村隆史(45)が番組内で扮しているキャラクター「E村P」が出演することが明らかになった。

 4月の放送前、番宣のために福山らが「めちゃイケ!」に出演していたが、今度は岡村が月9に出演するという。テコ入れなのか、ヤケなのかはわからないが、フジテレビが人気があった頃にはこんなサプライズがよくあったような。「めちゃイケ!」自身も打ち切りの噂が絶えず、低迷しているのに、相乗効果が期待できるとも思えないが。

 第6話の落ち方が異常に大きいのが地震の影響なら、第7話では多少上がるだろうが、岡村の出演で上がったわけではないだろう。ただ、全10話とすれば残り4話。平均で11%くらい取れないと全話平均最低を更新してしまう。2期連続での全話平均最低視聴率の更新とはフジテレビの凋落そのもの。このままでは、女優・俳優陣の“フジ離れ”も起こりうるかも・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ