「嫌いなジャニーズランキング」1位に選ばれた木村拓哉は!?

Sponsored Link

 
4月28日付けの「週刊女性PRIME」(主婦と生活社)には、ネットアンケートでの「嫌いなジャニーズランキング」が発表された。1週間で16300件の有効回答数となり、2161票の2位の「いない」はやはり女性支持の高さをうかがわせるが、3位のNEWS・手越祐也の1299票をはるかに凌ぐ圧倒的1位となったのは、2451票を集めた木村拓哉だった。

 「カッコつけすぎ」「プライドを捨てて普通にして」などの批判の声が多く40代になってもアイドル然としたキャラが受け入れられなくなってきたということもあるようだ。しかし、本当の要因はSMAP解散騒動のようだとも。

 SMAP解散が報じられた後の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)での生謝罪。憔悴しきった4人を配し、センターで堂々と語る木村。その様子に不快感を感じた人は相当数いたと思われる。解散騒動から木村の評判は下がり続け、最近では気まずさからか「スマスマを辞めたい」と関係者に漏らしているという噂も聞こえてきた。メンバー4人が独立に動く中で一人だけ残留を表明、裏切リ者というイメージは相当のダメージとなっているようだ。
 木村に対する世間のイメージを回復させるのは相当難しいというのは票からもわかるが、中居正広が熊本地震の被災地にお忍びで出向き、炊き出しに参加したことが称賛されたことと比べると随分と明暗が分かれたといえる。

 さらに、木村はイメージだけでなく俳優としても後輩に追い抜かれそうだとも。今期TBS系日曜9時の日曜劇場で放送中の「99.9-刑事専門弁護士-」には、嵐の松本潤が主演として出演している。4月17日の初回平均視聴率が15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、同24日の2話目では19.1%と今年の民放ドラマ最高視聴率を記録。「半沢直樹」「下町ロケット」などヒット作を生み出した「日曜劇場」枠。人気作は回を追うごとに数字を上げていく傾向もあり、今後まだまだ視聴率アップも見込める。

 2014年の木村主演の「HERO」(フジテレビ系)の全話平均視聴率が21.3%だったことから、松本が木村を抜くのではという声も聞こえ始めている。「ドラマ王」と呼ばれた木村のポジションも危うくなってきたという見方も。

 最近、中居が木村に歩み寄ったという噂もあるが、一方中居1人での独立の噂も絶えない。9月までは、ジャニーズ事務所との契約が残っているとされるSMAPの5人。木村には人気は落ちてもジャニーズの幹部候補で安泰との噂もあるが、他の4人には独立にしろ、残留にしろ明るい話が聞こえてこない。はたして国民的アイドルともいわれたグループの行く末は・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ