NMB48・渡辺美優紀卒業発表について。

Sponsored Link

 
4月13日、大阪・NMB48劇場で行われた公演で渡辺美優紀(22)が、グループからの卒業を発表した。これまでに卒業を匂わすような発言をしていた渡辺だが、一部スポーツ紙が「引退」を報じたことから、ファンの間やネット上でも衝撃が走っている。 

 今年の3月にトークアプリ「755」で卒業を示唆するような書き込みをし、その後日刊スポーツで卒業意向と報じられ、正式発表がいつになるのか注目されていた。公演のラストで卒業を発表した渡辺は、「NMBに入る時よりも卒業することを決めることの方が大決心でした。5年半、このステージに立たせてくださった皆さん、本当にありがとうございました」と、涙ぐみながら感謝を語った。
 
 だが、卒業後の進路に関しては明言されていない。これまでの卒業生で進路を明言しないまま卒業した者はおらず、芸能活動を続けるなら「卒業しても応援よろしくお願いします」と、ファンへ呼びかけるのが一般的だが渡辺の場合は、次世代メンバーへの期待とこれまで共にNMB48を支えてきた山本彩(22)へのメッセージのみで、ファンの間でも今後どうなるのか混乱しているという。

 かつては山本とWエースとしてNMB48を支え活躍してきた渡辺だが、2014年に人気モデルの藤田富(24)とのお泊り愛が発覚。それ以前にもファンとの私的な交流が問題視されたこともあり、2度目のスキャンダルということでファン離れも発生し、運営サイドからの扱いも悪くなったという。以降、NMBは山本を中心とした体制に移行し、その人気や待遇の格差に渡辺はヤル気を失ったともいわれている。
 その辺が卒業の理由だとしても、引退とはならないはずだが、話には続きが。
運営に推されていた頃の渡辺は、テングになっていたのかスタッフへの態度も悪く、スタッフからの不満も漏れていた。更に卒業時期をめぐって運営サイドと揉めていたともされ、ネットなどに卒業を匂わす発言をしたのは事務所には無断のフライングだったらしい。

 NMB48は「KYORAKU吉本.ホールディングス」が運営しており、卒業メンバーは吉本興業の系列事務所へ移籍することが多い。だが、渡辺は殆どケンカ別れのような状態なってしまい、すんなりと吉本に入るという訳にはいかなくなってしまった。かといって、吉本のお手付きのタレントに他の事務所が手を出すわけにもいかず、渡辺は行き場を失ってしまったような状態に。

 1回のスキャンダルで狂いだした渡辺の芸能人生。小悪魔的なルックスと抜群のプロポーションは男性ファンからの評価が高く、需要は失われたわけではない。ただ今後表舞台に立てるかどうかは問題も多い。真相の程は定かではないが、このまま消えてしまうにはモッタイナイ逸材だが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ