ももクロ・玉井詩織の免許取得をすることについて。

Sponsored Link

 
4月2日、ももいろクローバーZが西武プリンスドームでの公演で、サプライズ企画が発表された。ももクロが出演している軽自動車のCM「ハスラー」(スズキ)とのコラボ企画で、自動車メーカーのCMに出演しているにもかかわらず誰も免許を持っていないということで、5人のうち誰か1人が免許を取るということが決定した。そして、指名されたが玉井詩織(20)だった。

 玉井は突然の発表に驚きながら「できるかな?」と不安気、それでも「頑張って免許を取得して、5人でドライブに行こうね」と宣言した。

 だが、同公演ではももクロが、ニューヨーク、ロサンゼルス、ハワイの3か所で4公演を行う「アメリカ横断ウルトラライブ」の開催も発表されていた。そんな最中に、玉井だけが自動車学校へ通えるのかという疑問が湧きあがった。
 かつて、安室奈美恵が自動車学校に通ったところ、ファンが殺到してパニックになり、やむを得ず営業時間外に技能教習を受けさせていた自動車学校が行政処分を受けたことがあった。その当時と今ではファンの意識も変わっているだろうし、安室と玉井の人気も違うから当時のようなパニックになるとは思えないが、モノノフ(ももクロファン)のパワーは凄いものがあるから何とも言えない。

 そこで出てきたのが、以前武田鉄矢が行ったという種子島の自動車学校で免許を取得するという作戦。種子島は人口3万人と少なく自動車学校も一つしかない。南北に長い国道が1本で高速道路もなく、合宿コースを選択して、集中して練習すれば2週間くらいで免許が取得できるかもしれない。それに玉井の出生地ということもあり、可能性は有りか?スズキとのコラボ企画のため、スズキの方でどこか手配してくれるかもしれないが。
 忙しいスケジュールの合間に長期間合宿するのも難しいかもしれない。種子島では通えないし。

玉井の公式ブログには応援メッセージが殺到。エールを送るコメントが多いが、中には「ハスラーって軽自動車だから4人乗りだよね!?」というような素朴な疑問も。5人でドライブに行くにはもう1台ともう1人運転手が必要になる。スズキの普通車なら5人乗りもあるがそれではCMにならなくなるし。玉井の免許取得よりも問題かもしれない。

 また、この公演では加山雄三や松崎しげるともコラボしたももクロ。玉井は自身の自己紹介に“若大将”というフレーズを使っているつながりから加山から直々に“若大将”の称号を襲名、“若大将”と書かれたギターをプレゼントされた。最近は楽器などにも挑戦しているももクロだが、本来のライブパフォーマンスの低下に繋がらなければいいのだが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ