9nineの川島海荷がユニット脱退には驚かない。

Sponsored Link

 
4月6日に東京・Zepp DiverCityで行われた、5人組ガールズユニットの9nine(ナイン)のライブ9nine LIVE 2016 「Sakura Cloud9」でメンバーの川島海荷(22)が7月をもってユニットから脱退することが発表された。
 ライブのアンコールの中で川島から「私は、7月をもって9nineの活動を辞めることになりました」と発表すると、会場からは大きなどよめきがひびき、続けて「9nineでしか経験できなかったことが沢山ありました。今の自分があるのは9nineがあったからこそだと、本気で思っています」と語り、メンバーやファンに感謝を表した。

 脱退の理由に関しては「9nineと個人の活動を続けていって、結果的にどちらも中途半端な状態になってしまうんじゃないかと考えて、このままじゃいけないと思ったんです。そこで自分の一番やりたいことは何だろうと思った時、それはお芝居でした」と、今後は女優としての道を突き進む覚悟を語った。

 9nineは2005年9月に結成、メンバーの加入脱退を繰り返し06年に「Sweet Snow」でインディーズデビューし、翌年3月に「first 9」でメジャーデビュー。14年8月には初の日本武道館公演も行っている。メンバーは川島のほか、佐武宇綺(24)、西脇彩華(23)、村田寛奈(19)、吉井香奈恵(22)。

 メンバーの佐武は「海ちゃんは9nineに必要な存在」としながらも「海ちゃんの決断を精一杯応援したい。9nineはなくなりません!」と、川島にエールを送り、7月以降は4人で活動していくことも明言した。また、西脇からは7月1日の愛知・Zepp Nagoyaを皮切りにスタートする5人で回る最後のツアー「9nine LIVE 2016 BEST 9 Tour」も発表された。7月23日、東京・中野サンプラザの公演が川島の最後の出演となり、その後は4人体制の新生9nineがスタートする。

 所属事務所のオーディションで選ばれたメンバーで2005年に結成されたが、加入脱退を繰り返し今のメンバーになったのが2010年。それぞれのメンバーが何かしらの芸能活動をしつつ9nineとしても活動している印象。川島も加入当時から女優としても活動していた。

グループとしてもアイドルともダンスパフォーマンスユニットともつかず、中途半端な印象でキャリアは長くても人気はイマイチ。今後も活動は継続すようだが、中心メンバーの川島のぬける穴は大きく、残ったメンバーの年齢的にもそれぞれが岐路に立たされることは必至だろう。脱退する川島も女優としてはまだこれからの状態、今後は女優としての真価が問われることになる。
脱退する方も残された方も、今後厳しくなりそうな・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ