成長期限定アイドル・さくら学院卒業公演

Sponsored Link

 
3月27日、小5から中3までの成長期限定ユニット・さくら学院が、神奈川県民ホールで中等部3年の卒業公演「The Rosd to Grsduation 2015 Final ~さくら学院2015年度卒業~」が開催され、磯野莉音、大賀咲希、白井沙樹の3人が卒業した。

 ライブは、メンバーの紹介ソング「目指せ!スーパーレディー -2015年度-」でスタート。5代目生徒会長(リーダー)の磯野が「今日をもって私たち中等部3年の3名はさくら学院を卒業します。とにかく今日は完全燃焼したいと思いますのでよろしくお願いします」と呼びかけると、約2500人の父兄(ファン)から盛大な拍手と声援が起こった。
 卒業セレモニーでは倉本三津留校長から卒業証書が授与され、磯野は「さくら学院で過ごしてきたことは宝物で、これからもそれぞれスーパーレディーを目指して頑張ります。これからのさくら学院の応援もよろしくお願いします」と挨拶した。
 在校生を代表して中等部2年の倉島颯良が「3人がいなくなるのは正直さびしい。自分たちに出来るのは、これからのさくら学院をしっかり創っていくことです」と送辞。磯野から「離れていても心は一つ。将来は舞台監督になるという夢を実現してここに戻ってきたいです」と涙ながらに答辞を読み上げ、白井は「さくら学院は永遠に不滅です」と強く語った。

 倉本校長からは「さくら学院で過ごした中での成長ぶりには本当に驚いている。自分を信じて未来に羽ばたいてください」と旅立つ3人にエールを送った。
 アンコールでは、卒業定番曲「旅立ちの日に」と、これまでずっと歌い継がれてきた「夢に向かって」でラストを締めくくり卒業生を送り出した。
 さくら学院は、義務教育が終了する中学3年の3月をもってグループから卒業する成長期限定ユニット。卒業生にはモデルや女優として活躍する三吉彩花や松井愛莉、3人組メタルダンスユニットBABYMETALらが活動している。

 卒業後、白井と大賀は大学進学を目指すと発表されている。磯野は答辞でもあったように、学院の活動中に興味を持った舞台監督という夢に向かって頑張りたいと語っている。かつての卒業生の中でも、芸能界から引退して普通の生活をしているものいる。小学生から中学生までの活動期間で、何かを掴みそれに向かう足がかりを付けるのが目的のようなユニット。現行のアイドルが、グループ時代の人気を使って卒業後の活動をするのと違って、卒業後の努力が勝負となる。卒業後数年経てブレイクする傾向からも、そういうことが見て取れる。
 所属はアミューズで、サザンオールスターズや福山雅治ら大物ミュージシャンや俳優の所属する大手芸能事務所。今後も注目されるさくら学院卒業生が登場するかもしれない・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ