女優・堀北真希引退の噂はガセだった!?

Sponsored Link

 
3月29日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、昨年、俳優の山本耕史(39)と電撃結婚した女優の堀北真希(27)の芸能界引退を報じた。
 以前から「芸能界には未練はない」などと、引退を匂わせるような情報もあった堀北だけに、驚きよりもやはりという印象。だが、これまで多くの映画やドラマに出演してきた堀北がもうすぐ見納めとなってしまうのかと思うと複雑でもある。

 事の発端は、堀北が、現在出演しているCMの契約更新を拒否しているという情報。大きな収入を生むCM契約、妊娠等で表舞台での活動を控えていてもCMには出演している女性芸能人は多いだけに更新の拒否に引退の噂となったようだ。
 29日の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では、所属事務所からのコメントが紹介され、CM契約の更新に関しては「更新しているもの、していないものがあります」とし、堀北が4月以降仕事を入れていない事については「発表できるものとしてはないですが、結婚前の仕事のペースとは違ってくると思います」と返答し、何となく歯切れが悪い。一部では、事務所との契約更新も断るつもりだったというような情報も飛び出したが、事務所側が仕事をしなくてもいいから何とか契約更新だけはしてほしいと懇願して仕方なく了承したなんて情報も。
また、夫である山本は個人事務所に所属しており、母親がマネジメントを行っているが、その義母が堀北のマネジメントにも手を出そうとしている話もあり、事務所に籍を残して、何かの時に夫婦で売り込もうとしているなんて噂もある。
 ネット上では、「休ませてやろうよ」というような声もあるが、「結婚して価値が下がった」「干されているのでは」などのコメントも多くでている。また、引退報道については、事務所側のリークという憶測まで出ている。引退をほのめかして、ふたたび価値を上げる作戦に出ているのではないかと。

 結婚しても価値は落ちていないとする向きもあるが、堀北の近況では昨年1月期ドラマ「まっしろ」(TBS系)や今年の結婚後初主演の「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」(日本テレビ系)などは、視聴率も評判もイマイチで、「実は大根」「表情がない」など辛辣な声もあり、結婚でさらに価値が落ちたという声はやはり多い。

 真相の方は定かではない。堀北自身芸能界に未練がないなら引退というのも納得いくが、事務所の稼ぎ頭のひとりであるだけにこのまま引退させたくないというのも理解はできる。
 結婚の影響はないとはいえず、かつてほどの数字も取れないとなると低視聴率女優のレッテルを貼られる前に引退というのも有りなのかも・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ