松岡茉優の“モー娘。「あまちゃん」が大きく影響!?

Sponsored Link

 
3月20日にパシフィコ横浜で行われた、ハロー!プロジェクトのコンサート「Hello!Project ひなフェス2016」で、女優の松岡茉優(21)がモーニング娘。’16(以下、モー娘。)の一員として出演した。
 これは、テレビ東京系で4月8日からスタートする新ドラマ「その「おこだわり」、私にもくれよ‼」との連動企画。松岡はドラマ内で「松岡茉優」を演じ、他人の理解できない趣味や特技を持つ人にインタビューを行いながらストーリーが展開していくというフェイクドキュメンタリーという内容。詳細は不明ながら、劇中にはモー娘。の現役メンバーだけでなくOGも参加しているとの事で、その中で松岡はスペシャルメンバーとしてモー娘。に参加しているらしく、ステージに立つ姿は最終回で放送される予定だという。

 同コンサートの中盤で、現モー娘。リーダーの譜久村聖(19)からスペシャルメンバーとして紹介された松岡は、「まゆまゆ」としてセンターポジションに付くと2012年に発売されたシングル「One・Two・Three」を、昨年末に卒業した鞘師里保(17)のパートの歌とダンスを完璧に再現し、会場から大きな声援をうけた。

 松岡は、以前からモー娘。の大ファンであることを公言しているが、そのきっかけとなったのは松岡が出演していたNHK朝ドラ「あまちゃん」だという。劇中でアイドルグループ・GMT48のリーダーの入間しおりを演じた松岡。その役作りのためにアイドルを研究し、その時目にしたモー娘。のパフォーマンスに魅了されたという。

 特に昨年末に卒業した鞘師への思い入れは相当なもので、「鞘師に出合い、鞘師の歌を聴いて、私の人生は今が一番輝いている!」と自身のブログに綴り、鞘師の卒業後は「私の一生の単推しはもう彼女だけって決めたんで! 後はもうみんなのことを応援していこうと思っております」と、一生箱推し宣言するほど。それゆえに今回のモー娘。参加には葛藤があった様子。コンサート前の会見で、ドラマの監督である松江哲明氏へ、「監督には殺人罪がある。私の中で何かが死んでしまった」と語り、この撮影や練習でモー娘。との距離が縮まることで「モー娘。に会って涙を流す「私」が消えてしまった」と自信の中の心境の変化に寂しさを感じたという。
 これらの発言にモー娘。ファンから、彼女の姿勢を絶賛する声が多数集まった。

モー娘。ファンを公言する女性芸能人は多いが、その中にあっても松岡はモー娘。ファンからも共感を集め一目置かれる特殊な存在ともいえる。
ファンとは公言しても、オタクとは言わないもの。松岡は相当ディープな部類に入るだろう。その辺が熱狂的なモー娘。ファンからの共感を集めるところなのかもしれない。現在公開中の映画「ちはやふる」にも出演中の松岡。今回の共演が松岡とモー娘。の更なる躍進のきっかけになることを期待したい・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ