深田恭子の魅力がドラマを押し上げた!?

Sponsored Link

 
3月15日、女優の深田恭子(33)主演ドラマ「ダメな私に恋してください」(TBS系)の最終回が放送され、視聴率が10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。
 高視聴率というほどではないが、同時間帯のフジテレビ系「お義父さんと呼ばせて」の最終回視聴率7.9%には完勝で、今期のドラマの中でも2桁で最終回を迎えた。さらに、放送の度に「深田恭子」や「ダメ恋」がSNSのトレンドワード上位に入るなど視聴率以上に話題となっていた。

 「ダメ恋」の特徴的だったのは視聴率が最終回に向けて上昇していったこと。昨今のドラマ視聴率では初回が1番高く、2話目以降ガクッと落ちる傾向にあるの対して、「ダメ恋」は初回9.0%と1桁スタート、途中8%台に落ちることもあったが、後半では10%を超える回もあり、徐々に人気を上げていった。最終回放送後は、「ダメ恋ロスになっちゃいそう」「久しぶりにキュンキュンした」など終了を惜しむ声がネット上に続出。これらの好評の最大の要因は深田恭子にあるという。

 ドラマの中の深田は、甘えたような声とキュートな振舞いで視聴者を魅了、可愛すぎると絶賛された。ドS上司役のディーン・フジオカ(35)との掛け合いも面白く、視聴者を引き付けた。

 同作は、深田が「職なし、金なし、彼氏なし」のアラサーダメ女役を演じるということで、スタート前は無理があると批判も多かった。ネット上でも「深田のビジュアルでモテない訳がない」「深キョンがダメ女なら私は何なの」などとツッコまれ、女性層から反感を買いそうだとの予想もされた。

 ところが、放送が始まると評価は一変。深田のキュートで可愛いダメ女っぷりに女性視聴者が共感。劇中の深田のファッションアイテムが飛ぶように売れるなど反響も大きくなった。
 一方男性視聴者を引き付けたのは、深田の劣化知らずの可愛らしさだという。もともとは、むっちり好きからの支持が高かった深田だが、最近始めたサーフィンの影響からか若干ほっそりした印象になり、ファンが離れたという声もあった。しかし、それによって色気が増したという声もあり、劇中で見せた身体にフィットするニットセーターで巨乳をアピールしたり、AKB風のコスプレが妙に魅力的に見えたりもした。ドラマの内容そっちのけで深田を鑑賞していた男性も少ないないのでは。

 一時は恋多き女としてスキャンダラスなイメージもあった深田だが、今作では予想を覆し、男女ともに好感度を上げる高評価に。深田人気も視聴率同様に上昇の気配だが、ドラマで2匹目のドジョウを狙おうとすれば今度はどうなるは定かではない・・・。

TBS「ダメな私に恋してください」公式サイト

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ