嵐・松本潤主演のTBS日曜劇場に早くも!?

Sponsored Link

 
4月17日スタートの嵐・松本潤主演のTBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」に、早くも大コケの声が出始めている。今回の松本の役どころは、有罪率99.9%といわれる刑事裁判で0.1%の無罪勝訴にかける弁護士役。これまではラブコメが多かった松本だが、TBSも大いに期待しているという。

 早速、松本主演をアピールするかのように、かつて松本出演で大ヒットした「花より男子」の特別編を3月13日~4月17日にかけて放送するという入れ込みよう。さらに、各放送後には「99.9%-」の特別映像や松本による撮影現場レポートなどが盛り込まれるという念の入れようだと。

 「花より男子」は少女漫画原作の恋愛ドラマで、主演の井上真央と松本が共演から交際に発展したという作品。若い女性層からは注目が集まりそうだが、「TBSは「日曜劇場」の客を見誤っている」と指摘する声もある。
 これまで、「日曜劇場」でヒットしたのは「半沢直樹」「下町ロケット」などの骨太で重厚なドラマ。視聴者層も中年以上の男性が中心とみられる。そうしたドラマに対して目の肥えた視聴者は、嵐のメンバーが主演だから観るというワケではない。現在放送中のSMAP・香取慎吾主演「家族のカタチ」が、視聴率1ケタ連発で大爆死、2014年の関ジャニ∞・錦戸亮主演の「ごめんね青春」は日曜劇場歴代最低平均視聴率7.6%を叩き出している。若い女性層を取り込もうをすれば、メインである中年男性層が離れていくのは必然、TBSサイドもそれは理解しているはずだが。

そこにはジャニーズの圧力があるのではという指摘も。

 ジャニーズにしてもEXILE関連にしてもCDは売れて人気が有るのは確かだが、その支持層は限られており、全世帯の総数ともいえる視聴率に影響するほどの数ではない。特にドラマに関しては、注目される話題にすらならず、敬遠する要素にも。ジャニーズでも人気の嵐のメンバーでさえも、数字的にヒットしたというほどのドラマは思い当らない。比較的幅広い人気をもつSMAP・木村拓哉が唯一のヒットメーカーになっているくらい。それも、今回の解散騒動がどう影響するかわからない。

 TBSも低視聴率に苦しんでいるだけにこれだけの宣伝をするのだろうけど、裏を返せばそれだけ不安もあるのでは。「日曜劇場」も当たりハズレが大きいが、今年に入ってハズレの連発は避けたいところだろう。必死なのもわかるが、問題は芸能事務所の言いなりになっている体制そのもののような気もするが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ