「スマスマ」の継続に賛否両論、「めちゃイケ!」の継続には厳しい声!?

Sponsored Link

 
3月7日、フジテレビが都内のホテルで4月の番組改編の記者発表を行った。最近では、かつての人気番組の打ち切りの噂が流れていただけに発表には注目が集まっていたが・・・。

 早朝から夕方まで生放送で繋げるという企画で、長らく昼の時間帯に放送されていた「ライオンのごきげんよう」や昼ドラが終了する一方で、ゴールデンやプライム帯のバラエティ番組は継続となった。その中には打ち切りの噂の絶えない番組も存在している。

 お笑いコンビのナインティナインがMCを務める「めちゃ×2イケてるッ!」は、数年前から視聴率が低迷し、一桁が続くこともしばしば。先日は唯一の素人レギュラーだった三中元克が、レギュラー存続をかけた視聴者投票で不合格となり卒業が決まった。これに対して視聴者からは、「公開処刑」などと批判の声が上がり、番組自体の印象も下降していたが打ち切りとはならず、継続が決まった。
 また、同じくお笑いコンビのとんねるずがMCを務める「とんねるずのみなさんのおかげでした」も、「食わず嫌い王決定戦」や「男気ジャンケン大人買いの旅」など人気企画が定着してはいるが、最近ではマンネリ化や高額ギャラなど制作費の問題などから打ち切りの噂が出ていたがこちらも継続となった。

 さらに、1月の解散騒動で日本中を震撼させ、「生謝罪」と批判の声が上がったジャニーズのSMAPが唯一全員揃う番組「SMAP×SMAP」も継続が決定。生謝罪で跳ね上がった視聴率もすっかり元に戻り、以前の平静を取り戻したかのようにも見えるが、「痛々しい」などの声があるのも事実。プロデューサ―が更迭されたという情報も流れ、打ち切りという話もあったがこちらも継続される。

 「スマスマ」の継続には賛否両論あるが、「めちゃイケ!」の継続には厳しい声が多い。視聴率一桁前半も珍しくない状況に、番組として限界との声も多いが継続となった要因とは?

一部の報道では、低迷する番組を止めるにしても、今のフジテレビでは次の一手が全くない状況だという。実際、一昨年終了した「笑っていいとも!」の後番組である「バイキング」は依然として低視聴率で酷評されている。番組改編で新番組を打ち出しても、散々な結果で早々に打ち切られる番組が続出している状況。同じ轍を踏むくらいなら、ネームバリューも実績もある現在の番組を継続させる方がマシとの判断をしたようだと。
 とりあえず、4月期は継続が決定したが10月期ではどうなるか。「めちゃイケ!」にしても「スマスマ」にしても、微妙な情勢は続く。
フジテレビの低迷からの脱出はあるのだろうか。
これらの番組の存続がカギなのかもしれないが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ