真野恵里菜初の刑事役で橋爪功と初共演!

Sponsored Link

 
3月5日、女優の真野恵里菜(24)が19日放送の土曜ワイド劇場(ABC・テレビ朝日系)「検事・悪玉」に出演し、橋爪功(74)と初共演することがわかった。真野が同枠のドラマに出演するのは初めてで、刑事役に初挑戦することも明らかになった。橋爪演じる毒舌の検事とコンビを組むことになった若手の正義感あふれる女刑事を演じる。

 事件解決のためなら手段を選ばない毒舌家で「悪玉」とあだ名される検事の阿久田正紀(橋爪)と、正義感あふれる警視庁捜査一課の若手刑事の善田まなみ(真野)、名前にちなんで「善玉」。
検事でありながら現場を動き回る変わり者の阿久田(橋爪)が、捜査の邪魔をしないように監視をすることになったまなみ(真野)。阿久田のやり方に反発や憤慨しながらも謎に満ちた連続殺人事件の真相に迫っていくというストーリー。
 橋爪と初共演の真野は「橋爪さんとお芝居をさせていただけること事態が、まさかだったので、クランクインの前日はドキドキして眠れませんでした」と緊張の様子を語り、「橋爪さんとの2人のシーンが多いうえに、私が噛みつくセリフばかり言うので、“遠慮していたらだめだ”と思い切ってぶつかっていきました。これまで、そんなに年上の方と言い合いをすることがなかったので、すごく新鮮でしたね」と充実のコメントも。また、「私の演技に対して、その場でアドバイスもいただきました。いただいたアドバイスをいかに自分のモノにするか、その場ですぐレスポンスできるように頑張りました」と撮影を振り返った。

 また、撮影中のエピソードについて「実は全身筋肉痛になってしまいまして(笑)。ナイフを振りかざしてくる犯人の手を止めるときに、勢い余ってまなみも一緒に転げ落ちるシーンを撮影したのですが。監督からは吹き替えもできるといわれましたが、私は全然平気だったので、自分でやらせて頂いたら、翌日肩が上がらなくなっていました(笑)。普段しない動きをしたので、筋肉痛になったんだなと。でもそれも頑張った証拠、やって良かったと充実感があります」と役者としても手ごたえも語った。

 橋爪、真野の他、六角精児、山崎一、中原文雄、鷲尾真知子、佐戸井けん太、柳ゆり菜らも出演する。
 「検事・悪玉」、放送は19日午後9時から。ABC・テレビ朝日系で。

 最近ではすっかり女優が板についてきた真野恵里菜。主演とはいかないが、地上波やWOWOWなどの話題作にも出演している。アイドルから女優への転身。世間の評価は厳しいものがあるが、そんな中、確実に実力を付けつつある。後は代表作と呼べるような作品に巡り合うことかもしれないが、今作がそうなればいいのだが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ