「嵐」松本潤主演の新ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」に期待!?

Sponsored Link

 
2月24日にTBSより2016年4月からスタートするドラマ日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」に、嵐・松本潤が主演することが発表され、そのほかのキャストに香川照之、榮倉奈々、青木崇高、ラーメンズ・片桐仁、マギーらが出演することが公表された。
 「99.9」は、有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判で、0.1%の無罪勝訴にかける型破りな弁護士の痛快逆転劇。

 松本のドラマ主演は、2014年の「失恋ショコラティエ」(フジテレビ系)以来約2年ぶり。ファンからは喝采の声が上がる一方、ファン以外からは松本の起用に非難の声が殺到している。
 TBSの日曜劇場は、これまで「下町ロケット」「天皇の料理番」「半沢直樹」など骨太の人気ドラマを放送してきた伝統ある枠。そのためドラマファンからは「日曜劇場はジャニーズファンを取り込む枠じゃない」「実力ある役者を起用して面白いドラマを作ってほしい」などの意見も上がっている。

 しかし、日曜劇場では現在放送中のSMAP・香取慎吾主演「家族のカタチ」や関ジャニ∞・錦戸亮主演「ごめんね青春!」などジャニーズ主演のドラマを放送してきたが、なぜ今回は厳しい批判が出ているだろうか。
 恋愛ドラマのイメージの強い松本の弁護士役というキャスティングと香川照之との共演でかつてこの枠で大ヒットした「半沢直樹」と比較する向きがあるようで、「半沢直樹」の主演の堺雅人と比べて松本の力不足を感じるドラマファンが多いようだと。

 松本のこれまでの出演ドラマの全話平均視聴率をみてみると、14年の「失恋ショコラティエ」は12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、12年の「ラッキーセブン」は15.6%、10年の「夏の恋は虹色に輝く」は12.3%、09年の「スマイル」10.2%、07年の「バンビ~ノ」14.2%、01年の「金田一少年の事件簿」は13.7%と、主演ドラマではこれといった数字は残していない。
 そういう不安なのからか、2月25日には松本潤がTBSをジャックし、生放送の「あさチャン!」「白熱ライブ ビビット」「ひるおび!」「Nスタ」4つの番組に出演して4月17日からの日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」を番宣した。さらにこの日の22時からの「櫻井有吉のアブナイ夜会」にも出演し、新ドラマの番宣に精を出した。
 ただこのTBSジャックの番宣にも、批判の声が出ている。
現在、香取主演の「家族のカタチ」が放送中であり、これから後半というこのタイミングでの次作の番宣はスタッフのモチベーションにも影響しかねない。ネット上でも「必死なのかなって勘繰ってしまう」「異常とも思えるゴリ推しっぷり」など疑問を呈する声が目立つ。確かに「家族のカタチ」は6話までの平均視聴率が9.28%と惨敗の様相だが、早々に見切りを付けるような仕打ちは1月の脱退騒動の遺恨のようにも取れる。
 果たして日曜9時のドラマ枠の今後は。4月からはフジテレビのドラマ枠が復活するし、番宣は本当に必死さの表れなのだろうか・・・。

TBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」公式サイト

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ