田中れいな率いるガールズバンド「LoVendoЯ」新曲発売イベントに。

Sponsored Link

 
2月27日、元モーニング娘。の田中れいな(26)率いるガールズバンド「LoVendoЯ(ラベンダー)」が東京の東京ダンス&アクターズ専門学校で24日に発売となった新曲「宝物/イツワリ」の発売記念イベントを開催した。
 今回自身の作詞した曲がシングルになることに田中は、音楽プロデューサーのつんく♂氏に報告「作詞した曲が選ばれたとLINEしたら「頑張れ」ってメッセージがきました」と明かし、「自分で作詞するようになってつんく♂さんの偉大さがまたわかった。ハロプロにいっぱい曲を書いて。ひとつもかぶらずに書けるなんて、天才だと改めて思った」と語った。また、つんく♂氏の女心の歌詞について、それに負けない自信は?という質問には「負けないというか、目指したいですね」と語り、改めてつんく♂氏の偉大さを実感しているようだった。

 「宝物」は、田中の実話を基に友人たちへの感謝を歌った明るいバラード、「イツワリ」は対照的にノリノリのLoVendoЯサウンド。田中は複雑な恋愛を書いたといい「普通よりもひん曲がった恋愛の歌が好きで、こっちは実体験じゃないですよ」と強調し、「不倫のドラマとか少女漫画とかが好きだったので、そういう歌詞ににしようと思った。自分的には不倫は好きじゃないですけれど」語り、六股疑惑で世間を騒がせている狩野英孝の話題を振られると、「そういうのを歌詞にできたら面白いな」興味あり気。更に、「歌詞を書くためにいろんな経験をしたい、歌詞の為に」と意味深な発言も。
 今回会場となった同校は、ギターの魚住有希(24)の母校ということで、「母校でライブができて、自分が夢を与える側の人間になったことが今でも不思議です」「こういう芸能界に行きたいなという人は夢を諦めずに好きなことを貫き通して頑張ってください」と在校生へエールを送った。

 LoVendoЯは2012年田中れいなを中心にオーディションで選ばれた3人によるガールズバンド。田中(ボーカル)、魚住(ギター)の他、岡田万里奈(22、ボーカル)と宮澤茉凛(22、ギター)、ツインボーカル・ツインギターの4人組。2015年7月「いいんじゃない?/普通の私 ガンバレ!」でメジャーデビューを果たす。

 相変わらず最年長の田中が一番幼く見えるが、他のメンバーも大分あか抜けてきた感じのLoVendoЯ。実力の向上と共に人気・知名度も上昇すればいいのだが、今の状況ではアイドルともアーティストともどっちつかずのような。ビジュアル先行にしてももっと実力を付けないと・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ