モーニング娘。工藤遥3冊目の写真集発売に。

Sponsored Link

 
2月27日、モーニング娘。’16の工藤遥(16)が自身3冊目の写真集「ハルカゼ」(ワニブックス)を発売した。自他ともに認めるモーニング娘。’16のビジュアル担当として人気が高まりつつある工藤の16歳にして3冊目の写真集となる。
 「工藤遥と大自然」をテーマに沖縄・宮古島と雪の長野で撮影。透き通った海と青い空の宮古島では大きな海を独り占め、白のビキニで大はしゃぎ。長野では吹雪の雪原にたたずむ寂しげな少女の姿なども披露、大自然の中でナチュラルな素顔を覗かせる。

 昨年8月発売のシングル「Oh my wish!」では鈴木香音(17)と共に初のセンターを務めるなど次期エース候補として期待されている工藤。「ビジュアル担当として責任を持たなくちゃいけないので、特に体形に気を使って挑みました」「高校生になって、表情も今までより大人っぽさを出せたので、新たな工藤遥を見ていただきたいです」とアピールコメント。残念なのは、東京・福家書店新宿サブナード店で行われる発売イベントが約1か月後の3月25日だということか。 折角写真集を発売しても発売イベントが1か月後では、チョット興ざめ、売り上げにも影響しそう。

 当のモーニング娘。’16は2月26日~28日までアメリカ・ヒューストンで開催されているアニメや日本の文化を紹介するコンベンション「Anime Matsuri」のメインゲストとして出演しており日本には不在。3月12日からはモーニング娘。’16として春のコンサートツアーがスタート。3月19日・20日にはイベント「遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA&SATOUMIへ行こう 2016」も開催され、同日に「Hello! Project ひなフェス 2016」のコンサートも開催される。

 2011年「モーニング娘。10期メンバー『元気印』オーディション」に当時ハロプロエッグ(現研修生)として参加した工藤は、11歳11か月という最年少で合格。また、2013年4月には13歳で「ビックコミックスピリッツ」(小学館)2013年19号での単独の表紙と巻頭グラビアを飾り、こちらも最年少記録も更新していた。

 モーニング娘。加入当時の工藤はバリバリの小学生でまさに“ガキ”だった。同期で同年齢の佐藤優樹(16)と共に、かつての辻加護を彷彿させるハチャメチャぶりを披露していた。そんな工藤も16歳高校生へ、いつの間にかモーニング娘。のビジュアル担当と呼ばれるようになり大人の表情を見せられるようになっていた。
 現在センター不在のモーニング娘。’16。

工藤遥は最有力候補に成りうる存在に成長したのだろうか?・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ