ももクロのバレンタインライブ「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z! 2016」に1万人熱狂

Sponsored Link

 
2月13日、アイドルグループのももいろクローバーZが日本武道館でニッポン放送主催イベント「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z! 2016」を開催した。
 このライブは、ももクロがレギュラー出演するニッポン放送の「ももクロくらぶ xoxo」恒例バレンタイン企画で今年で4回目となる。日本武道館で公開収録イベントという形で、約1万人のファンを前に、ライブやトーク、コントも披露した。ゲストで登場したMr.マリックと共にハンドパワーの共演も。

 このイベントの模様は、2月28日と3月6日のニッポン放送「ももクロくらぶxoxo」でオンエアされる。なお終演後には、来年5回目のバレンタインライブが2017年2月11日、12日の2日間にわたり横浜アリーナで開催されることが告知された。

 また、開演前の囲み取材では、百田夏菜子(21)が「女子が生き生きできるバレンタインなので、一段と可愛くライブできたらいいなと」、高城れに(22)は「なによりも甘いライブにしたいです」と、ともに意気込みを語った。また、主演映画「幕が上がる」が、第39回日本アカデミー賞で、話題賞の俳優部門を受賞したことを受け、玉井詩織(20)は「何でもできるのがアイドルの特権だと勝手に思っているので、これからも色々挑戦したいです」と、女優業にも意欲をみせた。

 今後の目標についてきかれた百田は「私たちの目標は昔からSMAPさんや嵐さん、ドリフターズさんみたいな、メンバーがそれぞれでも活躍できて、みんなでそろったらグループとして輝きを持てるような存在になりたいです」と目を輝かせて熱く語った。

 取材後には、報道陣へメンバーがバレンタインチョコを配るシーンも。玉井が「皆さん、これで「今年は1個ももらえない」ということは免れましたから!」と笑いを取ると、百田は「ホワイトデーは倍返しでお願いします~」と呼びかけ盛り上がった。

 昨年末はなにかと世間を騒がせたももクロだが、ライブ人気は健在の様子。女優業にも意欲的な発言も聞かれ活動の幅を広げそう。 

 グループ最年少の佐々木彩夏が、今年の誕生日で20歳になる。全員が20代となり、高城れには23歳に。今のアイドルは活動期間が長くなり、個人の在籍期間も長期になり20代が多くなってきている。AKBやモーニング娘。のように卒業・加入を繰り返すグループはそれでも若返りが可能だが、固定メンバーのグループは年々平均年齢が上がっていく。そこで問題なってくるのが卒業や解散だが、人気アイドルのイメージの強い20代がアイドルを卒業しても簡単にはイメージを変えられない。

ソロ歌手にしても女優にしても実力が伴っているかどうかも問題だし。いずれ迎えるだろうその時までに解決策が見いだせればいいのだが。ファンはそんな事は考えていないだろうが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ