TBS「金スマ」突然の番組名変更はなぜ!?

Sponsored Link

 
SMAPの中居正広(43)が司会を務めるTBS系バラエティー番組「中居正広の金曜日のスマたちへ」(毎週金曜、午後9時)が、2月12日放送回より番組名を「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に変更した。
 同番組は1980年代に「金妻」と話題になった同局系のドラマ「金曜日の妻たちへ」をもじった「金スマ」の愛称で、15年も続く長寿番組になっていた。また、「スマ」にはSMAPの意味合いもこめていたとも思われるだけに、突然の番組名変更には意図的なものが感じられる。

 同局の番組宣伝部の話では「放送15年、600回を迎えるにあたり、視聴者の皆様も番組出演者・スタッフ一同も笑顔あふれる番組にという想いを込めて番組タイトルを変更致しました」との事。
企画内容に関しては、変更ないらしいが。先週までに番組内で番組名の変更などには触れておらず、突然、公式サイトの一部やラテ欄が変更されたことにファンの間では様々な憶測が飛び交っている。

 同番組には、ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音(27)との不倫騒動で騒がれるタレントのベッキー(31)が、休養前までレギュラー出演しており、「金妻」も不倫がテーマだっただけにベッキーのイメージと距離を置くためなどという話も聞こえる。また、SMAPの解散騒動にかけて、解散を見越しての対応なのではと不安がる声もある。

 TBSの説明の通りの前向きな理由での番組名変更なら、4月の番組改編時に15周年、600回突破とか大々的に宣伝してもいいはず。それなのに、このタイミングでひっそりと、下手すれば誰にも気づかれないように番組名を変更するなんて、とても説明のような明るい話ではなさそうだ。やはり、SMAPの解散騒動やベッキーの不倫騒動が影響していると見るのが自然だろう。ベッキーは休業したが、中居の司会はそのままのようだし、スポンサーの意向もあるのかもしれない。

 「金スマ」の愛称はそのままに、内容もベッキーがいなくなるが変更は無し。しかし番組名は変更。

一部報道では、TBSでは中居がジャニーズから独立しても番組名を変えなくても済むようにいう見方をする記事もある。TBSでも音楽・バラエティー制作班は、ジャニーズのメリー・ジュリー副社長側とは確執があるといい、今後もSMAPをはじめとするかつての飯島派を起用する傾向だとも。ただ、TBS内でも情報制作局はメリー・ジュリー寄りだと言われ今後どうなるかは定かではない。

 TBS内部のことはわからないし、「金スマ」がどうなるのかも何とも言えない。ただ、テレビ業界がSMAP問題やベッキーのことでザワザワと動き出したことだけは間違いない・・・。


TBS「金スマ」オフィシャルサイト

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ