成長期限定ユニット「さくら学院」ほか

Sponsored Link

 
最近のアイドルグループは、卒業、新規メンバー加入という制度の採用でグループ自体の存続期間が長くなり、個々メンバーの活動期間も長期化して20代のメンバーが多数在籍する傾向にある。
 そんな中、成長期限定ユニットと称して、小・中学生のみで構成されるアイドルグループがある。「さくら学院」は、中学卒業後には強制的にグループからも卒業するシステムで、小学5年生から加入しても最長の活動期間は5年間しかない。しかも、最近ではすっかり主流となった握手会などの接触イベントも行わない。しかし、卒業後のメンバーの各方面での活躍が話題になっている。

 AKBグループの昨年の選抜総選挙の1位の指原莉乃(23)、2位の柏木由紀(24)、3位の渡辺麻友(21)といずれも20代となる。ももいろクローバーZでも最年少の佐々木彩夏が今年の誕生日で20歳になり、全員が成人となる。
 そういう状況の中、成長期限定ユニットとして中学卒業と同時にグループから卒業する、さくら学院は異色といえる。

2010年4月にサザンオールスターズや福山雅治、深津絵里や吉高由里子ら多くの人気アーティストやタレントを抱える大手プロダクション・アミューズのキッズ部署の小中学生8人で結成された。アイドルグループとしての成功よりも、実践的にタレントとしての育成を図った活動内容で、学校生活とクラブ活動がテーマとなっている。メンバーは生徒で、リーダーは生徒会長、ファンは父兄と呼ばれ、毎年3月の卒業式イベントで中3のメンバーがグループから卒業する。
 メンバーが入れ替わりながらグループが続くのはAKB48などと同じだが、学校のようなサイクルで小5から加入しても中3までの5年間のアイドル活動となる。中3でのグループ卒業は惜しいが、次の展開を考えるとメリットもある。あまり人気アイドルというイメージが付いてしまうと、女優などへの転身の際にはマイナスになることもあるが、アイドル色の付かないうちにきっぱり卒業すれば、次のステージへスムーズに移行できる。

 2011年度卒業生の三吉彩花(19)は、モデルの他、ドラマ「エンジェル・ハート」(日本テレビ系)でヒロインに抜擢されされるなど女優としても活躍し、同じく松井愛莉(19)もモデルのほか、女優として映画やCMにも多数起用されている。共に、今年20歳になる19歳だが幅広いジャンルで活躍している。また、世界中で注目されているBABYMETALは2010年11月にさくら学院内のクラブ活動ユニット「重音部」として結成された。ボーカルのSU-METALこと(中元すず香、18)はさくら学院の初期メンバーで2012年度の卒業生、YUIMETALこと(水野由結、16)とMOAMETALこと(菊地最愛、16)は2014年度の卒業生で昨年3月に卒業したばかり。

 中3までにアイドルとして基礎を学び、それを土台に後は個々に自分の道を選択していく。卒業と同時に芸能界を引退する卒業生もいるが、事務所の先行投資の要素も大きい。10代で終わるアイドルではなく、末永く活躍できるタレントを育てるという意味ではメリットも大きい。卒業生たちの活躍も注目だが、在籍時から着目してその成長を見守る“父兄”としての楽しみ方もあるようだ・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ