「ゲスノート」が存在!?

Sponsored Link

 
 「ゲスの極み乙女。」のボーカルの川谷絵音(27)と関わった著名人が次々と不幸になる・・・。ノートに書かれた対象に不幸が訪れる人気アニメ「デスノート」にちなみ、一部の間では「ゲスノート」といわれ話題になっている。1月29日のYahooリアルタイム検索でも「ゲスノート」が上位にランキングしてさらに広まりつつある。

 「ゲスノート」の呪いといわれている参考事象

・ベッキー 川谷との不倫騒動で、10本あったCMはゼロになりレギュラー番組も降板のウワサが。
「にじいろジーン」(関西テレビ)は30日放送分から当面出演を見合わせると発表。

・SMAP 2014年9月発売のアルバムで川谷に楽曲提供を受けた。グループ分裂解散報道等でグループ存続の危機に。

・甘利前大臣 昨年5月の記者会見でゲスの極み乙女。の「私以外私じゃないの」の替え歌を披露。その後、違法献金疑惑で大臣を辞任。

・NHK紅白歌合戦 ゲスの極み乙女。が初出場するも、歴代最低視聴率39.2%を記録。

・Fukase(SEKAI NO OWARI) 昨年交際していたきゃりーぱみゅぱみゅと川谷らとの写真をネット上にアップ。結局、破局へ。

 などが挙がっている。少しネタとしては古くなるが、川谷が楽曲提供した山下智久が六本木で口論事件を起こして書類送検されたことも。
 「ゲスノート」とは、何とも笑えないが、偶然にしてはあまりにも立て続けに不幸が起こっている。もし何らかの関連があるとすれば、その影響はまだ広がる可能性も。アイドルグループの「チームしゃちほこ」も、2014年に川谷から楽曲の提供を受けているし、川谷が関わっているバンドもひとつではない。そういうことを言い出すときりがないし、人との関わり合いはあまりにも広い。元々火種があったものが、ベッキーとの不倫騒動などで一気に表面化してきたともいえる。

 そのベッキーの方は、CMは全滅で、レギュラー番組も降板の話が出はじめている。当初「降板は考えていない」とした関西テレビも、出演見合わせを発表した。視聴者の声はある程度無視できても、スポンサーの意向は無視できない、そんな事情もあるのかも。他のレギュラー番組に波及するのも時間の問題か。

 ゲスの極み乙女。のアルバム「両成敗」も売り上げは好調のようだが、業界内では今後干されるなんて噂もある。バンドが出演していたラジオ番組のコーナーから、出演を一時休止するという発表もあった。本当に呪いかどうかは定かではないが、影響はまだまだ出てきそうだ・・・。


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ