Juice=Juice 金澤朋子が「子宮内膜症」を報告。

Sponsored Link

1月25日、ハロー!プロジェクトのアイドルグループJuice=Juiceの金澤朋子(20)が、「子宮内膜症」と診断されたことを公式サイトと自身のブログで公表した。

 「Juice=Juice金澤朋子に関してのお知らせ」と題された公式サイトでは、「昨年末より何度か通院をし、医師の診察を受けておりましたが、今回の診察の結果「子宮内膜症」との診断を受けました。現在、医師の指導の下で薬の服用を始めております」と報告した。
 続けて今後について、「Juice=Juiceメンバー、そしてスタッフが一丸となって金澤の活動をサポートしてまいります」「しかしながら、病状や痛みなど個人差があり、現在薬の影響による突発的な頭痛、めまい、むかつきなどの症状も見受けられます」「体調をみながらの活動になります事、また急な変調も予想されますので、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます」と、変調による休養などに理解を求めた。


 金澤のブログでは「突然のお知らせで皆様にご心配をおかけしてすみません」「最初に病気のことを知ったときは、とても不安な気持ちになりました」「グループの目標である日本武道館単独公演開催に向けた全国220公演の単独ライブツアーの最中でもありますし、志半ばで夢を諦めたくないという気持ちが強かったので、これから病気ときちんと向き合い、前向きに活動を続けていくつもりです」「今後は体調と相談しながらの活動となりますが、今までと同様、いや、それ以上に!精一杯努力していきますので、これからも何卒よろしくお願いします」と、ファンに対する謝罪と今後さらなる努力をするという意気込みをつづった。
 Juice=Juiceは2013年9月にメジャーデビュー。同年日本レコード大賞新人賞も受賞した。今年2月からはドラマ「武道館」(フジテレビ系)で、劇中に登場するアイドルユニット「NEXT YOU」を演じることでも話題になっていた。
 所属事務所の先輩でもある松浦亜弥(29)も、2011年に4年ほど前から「子宮内膜症」の診断を受けていたこと公表している。

 ハロプロに限らず、若い女性アイドルやタレントを抱える事務所にはこういった女性ならではの病気に対しての気遣いをお願いしたい。ただ単に体調不良という風に対処するのではなく、きちんとした診察を受けさせるとか、定期的な健康診断を受けさせるとか、専門の女性スタッフを常駐させるとかが必要なのかも。対応しているところもあるかもしれないが、精神的にも、肉体的にも変化の激しい10代、20代の女性への対応では、男性には気づきにくいこともあるだけに女性スタッフが重要になる。
 今後は事務所のサポートの下で体調を見ながらの活動になる金澤。デビュー以来の目標である日本武道館単独公演には出演できることを願う・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ