何でこんなに違う!?SMAPの報道。

Sponsored Link

 
1月15日、スポーツ各紙はSMAP解散報道を取り上げたが、見出しはそれぞれ大きく異なっている。

日刊スポーツは「SMAP中居正広、木村拓哉と決別 独立決めた」
スポーツニッポンは「中居正広『SMAPやめたくない』親しい友人らに“後悔メール”」
スポーツ報知は「全員残留の可能性も・・・揺れるSMAPキムタクがカギ握る!いずれもいばらの道」
サンケイスポーツは「SMAP草彅、ドラマ宣伝で生放送はしごも分裂騒動には言及せず」
東京中日スポーツは「ジャニーズ、SMAP見限った!?メンバー4人慰留せず」
デイリースポーツは「SMAP中居ら4人の行き場なし」

 情報元が違うために起こったことだろうが、スポーツニッポンの中居が「SMAPをやめたくない」と後悔メールを送っていたというのは異色。独立を決めたとか木村と決別とかとはだいぶ意味合いが違う。芸能リポーターの井上公造氏もTwitterで「情報ソースが違うとはいえども異様な気がします」と綴るほど情報が錯綜しているようだ。スポーツ各紙が、同じ題材に対してそれぞれ違う内容の記事を出すことはやはり異様なことなのかもしれない。サンケイスポーツだけは情報がないのか、状況を伝えるのみだが。草彅剛の主演ドラマ「スペシャリスト」(テレビ朝日系)は、14日の初回放送の平均視聴率は17.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークした。SMAP解散報道がかなり効いていると思われる。TBS系では香取慎吾主演のドラマ「家族ノカタチ」(日曜、21時~)が17日から放送されるが、こちらはどうだろう。

 木村拓哉のジャニーズ事務所残留は決定のようだが、残りの4人はどうなのだろうか。これまでジャニーズ事務所は、どんなに人気が有っても退所するときは慰留してこなかった。その代り、出た限りは敵とみなし厳しい対抗措置を取ってきた。かつての郷ひろみや田原俊彦、諸星和己がそうだったように。

 ここからは私見だが、一度反旗を翻した4人を元鞘に戻すことはしないだろう。木村が間に入って説得しているという情報もあるが難しいのでは。仮に戻れたとしても、何らかの制裁はあるだろうし、これまでのような活動は出来なくなる可能性は高い。さらに戻れなかった場合は事務所が全力で干しにかかってくるだろう。そうなれば、殆ど仕事は無くなり引退も見えてくる。ジャニーズ事務所の圧力に屈しないような大きな事務所に拾ってもらわない限りは。
 いずれにしても現段階では憶測でしかないが、スポーツ報知の「いずれもいばらの道」は一番適切な表現なのかもしれない・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ