SMAP解散報道の実際は!?

Sponsored Link

 
新年早々、再び芸能界に激震が走った。1月13日付の日刊スポーツが「SMAP解散 キムタク以外独立」と一面で報じた。スポーツニッポンでも「SMAP分裂危機 キムタク以外の4人がジャニーズ事務所から独立も」の見出しで報じた。

 ベッキーの不倫騒動も冷めやらないのに、再び芸能界に激震が走ることになった。

日刊スポーツの報道では、国民的アイドルグループSMAPの中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草彅剛(41)、香取慎吾(38)がジャニー事務所から独立、木村拓哉(43)は事務所に残る方向だという。これによりグループは事実上解散となる。SMAPの育ての親でもある女性マネージャー(飯島三智氏)がジャニーズから退社する意思を固めており、これに追随する形とみられる。

 昨年から噂されていたジャニーズ事務所内の内紛が現実のものに。ジャニーズの次期社長を巡っての争いもこういう形での決着となるのだろうか。

噂では、SMAPの5人が飯島氏に付いていくと予想されて解散ではなく、独立というような内容だったが、木村が残ることを表明することで解散という形に。これも噂の話だが、SMAPの他の飯島派と呼ばれるグループも追従するのではと言われていたが、定かではない。
 とはいえ、ここに挙がったすべて、まだ正式発表されたものではない。SMAPの解散も含めて。
ただ、日刊スポーツには有名なジャニーズに食い込んでいる記者がいるとのことで、日刊に出るということは事務所サイドも承認しているらしいと。

 検索ワードでも「SMAP解散」等が賑わっているが、その中で芸能リポーターの井上公造氏の名前が挙がっている。井上氏は電話で出演した「スッキリ!」(日本テレビ系)でコメントし、自身が昨日聞いた話では、木村が残ることは決定し、他のメンバーも悩んだ末に残る結論に達した。飯島氏だけが退社して、SMAPは事務所に残るということだった。ジャニーズ事務所でSMAPとして継続していくと。

本人もSMAPの解散はないという見解だったが、新聞報道に戸惑いを露わにした。
 ネット上でもSMAP解散の衝撃は大きく、井上氏のコメントを指示する声も多い。
事務所側の正式コメントやSMAPメンバーからの直接のコメントが出ない限り何とも言えない状況。まだまだ、水面下では調整が行われているようだが、どのような結末となるのだろうか。

 今年、SMAPはデビュー25周年を迎える。にもかかわらず、現段階でのCD発売やコンサートツアー等の予定は発表されていない。果たして、どのような決着を迎えるのか、当分の間報道から目が離せない・・・。


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ