えっ!?ベッキー!不倫報道!?

Sponsored Link

 
新年早々、ガセネタの熱愛報道続出のなか世間が大騒ぎする不倫スキャンダルが報道された。
「週刊文春」の2016年1月14日号によれば、あの人気タレントのベッキー(31)に不倫スキャンダルが発覚した。しかも相手は、昨年のNHK紅白歌合戦に初出場したバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル担当の川谷絵音(27)。川谷は昨年夏に一般女性と結婚したばかりだが、昨年10月にベッキーと出会って以降交際が始まったらしい。川谷の結婚はファンにも伏せられていたため、ベッキーも知らなかったが、11月下旬には川谷自身が妻帯者であることを伝えたという。
 「週刊文春」には2人がやり取りしたと思われるLINEの会話履歴などが掲載され、2人が離婚届の事を「卒論」と呼んで、川谷が妻と離婚に向けての話し合いを持ったことをベッキーに報告している生々しいやり取りなども報じられた。そして、2人はこの正月に川谷の郷里である長崎に旅行し、川谷の両親にベッキーを紹介していたという。

 6日夜に都内で開かれた緊急会見に登場したベッキー。質疑応答はなく、胸中を語るだけの内容。4分半の会見で、9回も深々と頭を下げ、「申し訳ありません」を6回も繰り返した。内容は、終始お付き合いはしていない、友人関係であることを強調。涙ながらに「誤解を招くような大変軽率な行為だったと、深く反省しております」と謝罪。「友人関係であることは間違いありません」と交際を否定した。
 しかし、週刊文春に掲載されたホテルの一室で撮られたと思われるツーショット写真やLINEのやり取りなどから交際していないという説明は納得し難い。

 明るく元気なイメージのベッキーに、ドロドロの不倫スキャンダル発覚は世間も業界も大変なショックに見舞われている。CM契約は10社にもおよび、バラエティー等の番組レギュラーも10本も抱える人気タレント。これまでのイメージとは程遠い不倫報道に今後の影響は相当なものになるだろう。CM降板やレギュラー番組から消えることも十分ありうる。
 ここまではベッキーばかりが悪者になっているが、川谷もかなり問題。

昨年、これまで支えてくれた一般女性と結婚したばかりなのに、ベッキーと出会ってすぐに離婚の話を切り出すなんて男としては最低だろう。結婚に対する責任をどう考えているのか。川谷側のコメントでも友人関係であること強調しているだけで、既婚であることについても初めて公表したことになる。1月13日に発売されるゲスの極み乙女。のセカンドアルバム「両成敗」の売り上げにも影響しそう・・・。


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ