映画「HiGH&LOW」特報

Sponsored Link

EXILEや三代目J Soul Brothersなどが所属する事務所「LDH」と日本テレビが共同で進めるプロジェクト「HiGH&LOW」の映画版(2016年7月16日公開)の特報映像が公開された。
 約30秒の映像では、劇中曲「MUGEN ROAD」(三代目JSB)が流れ、ドラマ版でも登場した「山王連合会」「鬼邪高校」「達磨一家」「White Rascals」「RUDE BOYS」5つのギャングチームのメンバーらが出演、バトルやアクションシーンが収録されている。
 ストーリーは完全なオリジナルで、架空のSWORD地区に存在する5つのギャングチームとかつてこの地区を支配していた伝説のチーム「MUGEN」、その「MUGEN」が唯一潰せなかった「雨宮兄弟」、そして謎の組織「MIGHTY WARRIORS」のプライドをかけた壮絶な戦いや仲間との友情や絆を描く。
 12月23日に最終話を迎えたドラマ版では、来春からドラマのシーズン2が放送されることも発表された。シーズン2では、シーズン1の最終話で登場した謎のチーム「MTGHTY WARRIORS」が動き出し、他にチームを巻き込んでいく。新キャラも登場し、さらに重厚なストーリーが展開されるとのこと。

 プロジェクトは壮大で来年夏に向けて進行中だが、それ程話題にはなっていない様子。ドラマ視聴率も、深夜枠とはいえ2%台と褒められた数字ではない。演技のシーンよりもアクションシーンの方が長いと噂になるなど、その演技力には疑問の多いメンバーだけに重厚なストーリーもどこまで伝わるものか。

 オリジナルで原作がある訳でもなく、映画「クローズZERO」(2007)風のヤンキー抗争劇。視聴者はかなり限定されそうだし、この様な格闘シーンの多い作品が女性の中心のファン層から支持されるかどうか。コアなファンだけの指示では大した数字にはならないし、興収も見込めない。日本テレビも貧乏くじを掴まされたのだろうか。

 個人的にはEXILEが増員された辺りから個人の区別がつかなくなり、まして三代目J Soul Brothersまで加わってはどうにもならない。これって全員を把握できるとなると結構なオタクなのかも。AKB関係やジャニーズではよく聞かれるがEXILE関係でも同じで、グループ分けはされていても区別がつかないというのが世間一般の認識なのでは。

 似たようなキャラが多く登場し、演技力に差があるわけでもないとなると、ただ大勢の乱闘シーンだけの物語になってしまう。これでは余程のファンでもなければ惹きつけられない。はたしてこのプロジェクトの行方は・・・。


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ