元AKB48・前田敦子の路上行動が酷すぎる!?

Sponsored Link

 写真誌「FRIDAY」(11月27日発売)に掲載された、元AKB48で女優・前田敦子(24)の路上での行動が話題になっている。

 同誌によれば、前田は新宿・花園神社の酉の市に友人の女優・柳英里紗(25)と訪れた際、境内の出店で購入したお好み焼きを神社近くのビルの軒下の地べたに座り込んで、頬張っていたという。この報道に、一部では元国民的アイドルの庶民的な行動と好意的意見もあったが、「行儀が悪い」「中学生かよ」「アイドルとか女優とか以前に24歳の女性としてアウト」など批判が続出している。

 エンタメ誌記者は「前田はAKB卒業直後に参加した合コンで泥酔し、一緒に参加した佐藤健にお姫様抱っこされる姿が激写されている。その際にスカートがめくれ上がりお尻が丸出しになっている写真が出回った。こういう失態を晒している過去があるので、地べたに座って駄弁っている光景は、ファンにとってはあまりいい気はしないのでは」と、自重を促す。

 ネット上では「まあ、尻出してないだけマシか」「反省してねえなぁ~」などと見事に蒸し返されている。交際が報じられている尾上松也(30)との関係は微妙だが、パパラッチは常に近くにいることに警戒心を持った方がいいのでは。卒業して守ってくれる母体グループはないのだから。ただ、この報道も一部の週刊誌で、まだマスコミへの影響力は残ってはいるようだが。

 擁護記事をあげると、中学生からアイドルとして活動してきた前田にとって、学生っぽい遊びは殆ど体験していなかった。

AKB在籍時には体験できなかった世界を、24歳になった今追体験している。というような内容だが、これまでの年少アイドルであれば誰しも通る道で、前田だけが特別ではない。

それでも話題になるのは、前田が依然として注目されているから。単に人気があり、話題になるからということかもしれないが、裏を返せばそんな元トップアイドルの現状というか、アイドルの裏側的な事象が前田からは見えるからかもしれない。
 個人的にも自重をすすめる。今はまだマスコミへの影響力があって報道も自粛気味だが、いずれはその影響力も弱くなってくる。

そうなった時にはこのような写真は元トップアイドルの凋落として、報道されるかもしれない。他愛もないことであっても、元トップアイドルということで大々的に報じられるかも。
 そんな報道が出るかどうかは、前田の女優としての地位が確立できるかどうかに掛かってくる。立派に女優として評価されるようになればそんな報道も出ないだろうが、現状では・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ