吉高由里子の「Perfume」完コピはどう?

Sponsored Link

 
12月1日、東京・日本武道館で行われたエイズ啓発イベント「Act Against AIDS 2015」に、女優の吉高由里子(27)が出演し、お笑いコンビのハリセンボン・近藤春菜(32)とモデルの森カンナ(27)と共にテクノユニット・Perfumeの完コピパフォーマンスを披露した。Perfumeとは同じ事務所で仲がいいという吉高だが、人前でダンスパフォーマンスを披露するのは初めての試み。

 「レーザービーム」のイントロが流れ、3人が登場するとPerfumeかと思った観客から歓声があがったが、衣装のお腹から肉のはみ出した近藤がモニターに映し出されると大爆笑に。吉高と森はキレキレのダンスで会場を魅了した。
 歌唱後、3人は「バキュームです!」と挨拶し、激しい息切れでせき込む近藤をしり目に、「皆さんのおかげで、武道館に立つことが出来ました!」とアイドル顔負けのコメントをして、約9000人の観客から大歓声を浴びた。関係者によると「チャリティーなので、この日だけできることをしたい」という吉高の発案で、普段から仲の良い2人を誘ったとのこと。
この1週間は、1日5時間の猛特訓を積み、Perfume本人からもレッスンを受け本番に臨んだという。

 本家のPerfumeもイベントのとりで登場し、あ~ちゃんは「うちらのニセモノが出てきたじゃろ?ステージ上でえらい大きなこと言っとったけど、裏ではガタガタだった」と暴露、エンディングで両者が合流し、吉高が「(本家は)抜群でした。ごめんなさい」と謝ると、あ~ちゃんは近藤に「頑張っとったよ」とねぎらいの言葉を掛けていた。

 このイベントは毎年12月1日の「世界エイズデー」に合わせ、俳優の岸谷五郎や寺脇康文らのの呼びかけで1993年から開催され、エイズの現状や正しい知識などを伝えることを目的としている。

イベントには、岸谷、Perfumeほか、三浦春馬、賀来賢人、神木隆之介、岸谷香、サンプラザ中野くん、高嶋ちさ子、堂珍嘉邦、パッパラー河合、ポルノグラフィティら24組36人が出演。収益金は全額、国内外のHIV感染孤児たちの生活費・治療費、病院建設の支援などに充てられる。

 残念ながら動画は見つからなかったので、どれ程の完成度なのかはわからない。ただ、女優吉高由里子のダンスシーンには興味がある。

 ちょっと調べたら、「バキューム」というテクノユニットがすでに存在していて、YouTubeでも確認できる。なんでも吸引式テクノポップだとかで、ステージ上でケチャップやチョコレートを吸いまくっている。あまりキレイではないのでお勧めしませんが・・・。


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ