中山美穂、FNS歌謡祭出演に絶賛!?

Sponsored Link

 
月2日、フジテレビ系音楽特番「2015FNS歌謡祭」が生放送され、平均視聴率が16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことがわかった。瞬間最高視聴率は20.2%で19年ぶりの出演となった中山美穂(45)が登場した午後9時57分とAKB48と谷村新司が「赤鼻のトナカイ」歌唱した午後10時に記録した。

 瞬間最高視聴率となった中山の登場場面は、同番組では19年ぶり、テレビで歌うのも18年ぶりという中山のヒット曲「世界中の誰よりきっと」に続いて「ただ泣きたくなるの」を歌った場面。18年ぶりのテレビ歌唱に注目が集まったようだ。昨年は2002年以降最低という平均視聴率15.4%を記録していただけに、安堵した関係者もいたのでは。ただ今年は2夜形式で16日にも放送されるだけに安心はできないだろうけど。

 ところで中山美穂の同番組出演に関してネットでは、「いまさら需要あるの?」「歌うミポリン好きだった。なんだかうれしい」などと賛否両論。近年中山は、不倫だの離婚だのとマイナスイメージばかり目立っていたが、視聴率から注目度は高ったようだ。

 ただ歌に関してネットでは、「相変わらず歌は下手」「口パクでは?」「昔も下手だったけど、さらに下手になっている」など酷評の嵐。容姿に関しては、「中山美穂劣化しとらん」「中山美穂さん全然変わらないね!」などその衰えない美貌に称賛の声が上がっていた。

https://youtube.com/watch?v=vu_Wta5TUwE
 生放送で生歌が売りの同番組。放送されるたびに注目されるのは歌唱力。

AKBと谷村新司のコラボの視聴率が高かったのは、AKB人気ではなく歌唱上のアクシデントを期待してのことではと推測される。中山の歌はある意味昔と変わらない印象だったが、当時から歌唱力が高いというイメージもなかっただけに、期待はしていなかったが当時とは音響や画像技術が向上した分劣化したような印象に。歌の方はさておき、45歳という年齢を考えればその美貌は特筆もの。同番組の司会を務める森高千里(46)といい、現在放送中の連ドラ「オトナ女子」主演の篠原涼子(42)などフジテレビは美魔女の起用が多いような。結果的には微妙な感じにもなってきているが、果たしていつまで続くやら。中山が今後も歌番組に出演するのかどうかは定かではないが、音楽活動は厳しいものになるだろう。今の音楽業界ではCDだけではなかなか売れないし、タイアップするにしても番組視聴率は低迷中だし、昔ほどの影響力は無くなっている。何年ぶりというようなスタンスならいけるかもしれないが・・・。
https://youtube.com/watch?v=RyZbggG8oRQ

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ