人気漫画「ダメ恋」ドラマ化 主演は深田恭子

Sponsored Link

 
11月17日、女優・深田恭子がTBS系火曜22時枠連続ドラマ「ダメな私に恋してください」に主演することがわかった。同作は、中原アヤ氏原作で女性漫画誌「YOU」(集英社)に連載中の同名漫画のドラマ化。主演の深田は、30歳で独身、無職で貯金もなく、ナイナイ尽くしのダメ女・柴田ミチコを演じる。相手役のドSの元上司・黒沢歩をNHK朝ドラ出演で話題の俳優ディーン・フジオカが演じる。

 物語は、主人公のミチコの勤めていた会社が突然倒産し、職を失い就活も上手くいかない中、年下の男に貢いで貯金も底を尽く。そんなどん底のミチコが前の職場の上司・黒沢歩(フジオカ)と偶然再会するところから始まる。黒沢は会社を辞め、祖母から受け継いだという喫茶店のマスターになっていた。

かつての職場では、黒沢から罵倒され続けて大嫌いではあったが、生きていくために、黒沢の喫茶店「ひまわり」でアルバイトを始めることになる。以前と同様にこき使われバカにされる毎日ではあったが、彼が作るおいしい料理と無愛想ながらも手を差し伸べてくれた以外な一面に引かれていく。

 原作を読んだ深田のコメント「ミチコは彼女なりの人生を歩んでいるという印象を受けました。人間誰しもダメな時はありますし、悪いなりに楽しんでいる、頼もしい女性だと思います」「セリフの掛け合いなど、テンポを大切にしながら、面白い作品にしていきたいです」
また、無類の肉好きという設定に対しては「普段はそこまでお肉ばかりを食べてたい方ではありませんが、この作品中は、徹底的にダメなミチコを演じたいと思います」と、意気込みも語っていた。
 他の出演者は、ミチコの新しい会社の同僚・最上大地役を三浦翔平、黒沢の元カノで、ミチコの良き相談相手の晶役に野波麻帆、黒沢の幼なじみの春子役をミムラが演じることが決定している。
放送は、2016年1月12日から、TBS系毎週火曜22時。

 現在、「結婚式の前日に」がオンエアされている枠の後番組。TBSとしてはドラマの不評が続いている枠で、来春にもドラマ枠ではなくバラエティ枠になるという噂もある。そういう状況で制作陣の意気込みはどのようなものだろうか。始まる前からこういうのもなんだが、いくら頑張ってもという思いもあるのではないかと。深田恭子も最近の作品では結果を残せてないないし、ディーン・フジオカという話題の俳優は起用したものの、視聴率的には期待できるかどうかわからない。深田、フジオカの汚点となるような作品にならないことを祈るが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ