モーニング娘。’15のエース・鞘師里保がグループを卒業することで

Sponsored Link

 今年の12月31日をもって、モーニング娘。’15のエース・鞘師里保がグループを卒業することが発表された。昨年の道重さゆみの卒業、12期メンバーの加入から1年のこのタイミングで。これから益々センターポジションとしての活躍が期待されていただけに、ファンならずとも衝撃が走った。しかしながら、若くしてエースに抜擢されて以降、相当のプレッシャーに苛まれてきたことは想像を絶するだろうし、バッシングの矛先を向けられることも多い。大人数のアイドルが主流の今、グループの顔としてのエースについて検証してみたい。

 モーニング娘。に関しては、初期の頃は安倍なつみや後藤真希らがグループの顔として、幅広い層へのアピールの役割を担っていた。今のようにセンターが、エースとして強調されるようになったのはAKB48が登場して以降だろう。グループ結成以来、数曲を除いて殆どのシングル曲でセンターを務めた前田敦子(2012年、卒業)。AKBファンにしてみれば人気メンバーのひとりだったかもしれないが、ファン以外は“いつも真ん中で歌っている子”として、顔ぐらいは浮かぶだろう。
 固定のセンターを顔として置くことは、大人数グループならではある。わかりやすくグループを印象付けるのに効果的であり、宣伝するにも扱いやすい。それゆえにグループ内でもセンターポジションに立つことは憧れるだろうし、名誉なことでもある。しかし、それと同時に責任やプレッシャーも背負うことにもなる。CDなどのセールスやネット上のバッシングを浴びることもセンターとしての責任であり、顔である以上弱音を吐くことを許されない環境にもある。

 それだけに、何事にも動じない強靭な精神力が求められたり、いわゆるアンチに対して自分なりの対処法が必要だったりもする。

 しかし、最近の若手のアイドルたちは考え方が少し変わってきたようでもある。間近でエースの苦悩を見ているからか、2番手、3番手のポジションで甘んじる傾向が見られる。本気でセンターを目指すのではなく、2,3番手でおいしいところだけ持っていくみたいな。責任はセンターに任せ、そこそこ顔を出して人気だけを得ようとする。ある意味賢い選択でもあり、今どきの若者の考えそうなことでもある。

しかしこれでは“華”がなく、グループとしても印象が薄くなる。今のAKBがその通りで、前田敦子、大島優子ほどの華はなく薄い印象は否めない。CDセールスは維持していてもグループの勢い的には下降気味。
 果たしてエース不在のモーニング娘。やAKB48、グループアイドルの今後は・・・。


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ