AKB48・高橋みなみの卒業後は心配!?

Sponsored Link

 
12月にAKB48の卒業が決まっている総監督こと高橋みなみ(24)。最近は卒業までのカウントダウンもはじまり、話題に取り上げられる機会も増えた。しかしながら、AKBグループはこれまでに多くの卒業生を輩出し、その度にニュースとして取り上げられてきた。そのため、世間的には“またか”と思う人々も少なくない。
 また、AKB在籍時は人気がありながらも卒業後の活躍がパッとしないメンバーが多いことから、高橋みなみの卒業後を不安視する声もある。高橋みなみは卒業後芸能界で生き残ることが出来るのだろうか、業界関係者に話を聞いた。

 「AKB48の卒業ネタは、ファンの間でも飽きてきている部分がある。そのため、卒業に向けて盛り上がっているのは彼女のファンぐらい。卒業後は厳しいでしょう。AKBの中では喋りが上手いと言われても、芸能界で見ればごまんといる普通レベルですから」と話すテレビ局製作スタッフ。

 またこんなことも、「AKBグループは人数が増えすぎて、歌番組に出てもグループショット以外カメラに抜かれないメンバーも多数。そのために自己アピールに躍起になるメンバーも多い。高橋みなみもここ数年はパッとせず、もはや卒業を打ち出すしか手が無くなったのでは」

 「先に卒業したメンバーの現状を見ていれば、本当は卒業はしたくなかったはず。他のメンバーも卒業後は活躍できる場所がないことをわかっているから、何とかAKBで生き残ろうと必死になっている。それでも限界がきたということでしょう。このまま在籍していてもやれることはないし、一か八かでソロになって生き残るチャンスを探ろうとしたのでは」

 卒業にしても、卒業後にしても厳しい見方が強いし、本人も卒業後の惨状を理解していると見る。それでも卒業に最後の生き残りを賭けることに。ただ、他にこんな意見もあった。

 「AKB48は何か話題を起こしてニュースとして扱ってもらうことで名前を売ってきた。メンバーの入れ替えなどもその一つだが、それだけでは限界がある。そのため、定期的に誰かが卒業しなければならない状況がある。そういうことで、今回は高橋みなみの順番だったという話。本人の意向はわからないが」と話すのは、芸能プロダクションの幹部。
 見方はやや違うが、本人が仕方なく卒業を決めたということでは同じかもしれない。
果たして、高橋みなみに卒業後活躍の場があるのかどうか?
 卒業生の前田敦子や大島優子なども、AKB時代ほどの勢いはないにしろ活動は続けている。ただいまだに、トップスターだと勘違いしているようでもあるが。高橋みなみが卒業後どんなことをするのかは不明だが、AKB48の看板を下ろし、1から出直す覚悟であれば、いずれはいい結果が出るのではないだろうか・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ