やっぱりももクロ!?大宰府、「男まつり」敢行が!

Sponsored Link

10月31日、人気アイドルグループのももいろクローバーZが福岡県の大宰府政庁跡での男性限定ライブ「男まつり」を開催し、9000人超の男性ファンが熱狂した。また、全国15劇場で行われた女性限定ライブビューイングでも3000人以上の女性ファンが、熱気を共有し盛り上がった。
 「水城・大野城築造 竈門神社創建1350年 九州国立博物館開館10周年 日本遺産認定記念 ももクロ男まつり2015 in大宰府」と銘打たれた男まつりは、2011年11月の東京・Shibuya O-EAST(現TSUTAYA O-EAST)、2012年11月の日本武道館に続き3回目。大宰府政庁跡でのライブは、「ゆめ未来コンサート 都府楼の歌人たち」(さだまさし、南こうせつ、谷村新司、海援隊らが出演)以来、13年ぶりとなる。

 ライブは雅楽や巫女で構成された太宰府天満宮による「悠久の舞」から始まり、和太鼓、大太鼓、応援団員からなる「男まつり2015 in 大宰府 全力應援団」のパフォーマンスで登場したももクロは、全力應援団と共に「男まつりのテーマ」を披露、続けて「JUMP!!!!!」「『Z』の誓い」と人気曲で一気に盛り上がった。
 リーダーの百田夏菜子は「古の文化の政治の中心であり、外交の先端拠点であったここ大宰府でライブをさせていただくことは私たちにとって光栄なことであり、身が引き締まる思いです。また、その来し方行く末をここにいる男たちと語り継ぐことが私たちの使命だと思っています」とあいさつした。
 また、アンコールの中で来年2月に2枚同時発売のアルバムと、2月20日に開幕するドームツアータイトルも発表された。3rdアルバムが「AMARANTHUS」(アマランサス)、4thアルバムが「白金の夜明け」となり、ツアータイトルが「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」に決定した。
 アンコールの最後、「芸能人は芸を神様に奉納して、初めて芸能人になれる」と宮司から教わったメンバーが、プロデューサーの武部聡志氏のピアノ演奏で「灰とダイヤモンド」を歌い奉納式を行い、太宰府での「男まつり2015」は終了した。

 今ライブでは、市がかかわる行事で観客を男性限定にすることは「男女共同参画推進条例」に違反するなどと、太宰府市の市民団体が苦情を申し立てるなどして話題になったが、予定通り行われた。
 単なる地方公演を男性限定で行うことにメリットがあるかどうかは定かではないが、ももクロ人気に市が便乗したのに市民から苦情が出るという何とも言えないモヤモヤしたものも残った。
一時期の熱狂ぶりも一段落、今後のももクロは・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ