auの新CM「鬼と鬼嫁」がウケる!?

Sponsored Link

 
10月23日、俳優の松田翔太が桃太郎役、桐谷健太が浦島太郎役、濱田岳が金太郎役で出演しているauのテレビCM「三太郎」シリーズの最新作「鬼と鬼嫁」編が公開された。

菅田将輝演じる鬼が桃太郎の家に遊びに来て和やかな雰囲気の中、桃太郎の不用意な発言から、桃太郎の妻で、有村架純演じるかぐや姫が鬼嫁へと豹変していくというストーリーで、23日より全国で放送される。家族にまつわるストーリーで、家族一人一人のスマホ利用料が割引になる「auスマートバリュー」を宣伝している。

 桃太郎の自宅を訪れた鬼は、妻のかぐや姫を紹介されいつのも軽いノリで「ういっす。どうも」と挨拶。
そんな鬼にもかぐや姫は「いつもお世話になっています」と良妻っぽく笑顔で答える。続けて鬼が「可愛い奥さんじゃないっすか~」と、調子よく褒めるが、桃太郎が「そんなことないよ~」と謙遜すると、隣でかぐや姫が「オイ!」と一喝。この一言に浦島太郎や金太郎も慌て、鬼も驚いた様子。
 
oniyome  

 焦った桃太郎が「えっと、鬼ちゃんちは、どう?」と話題を変えようとすると、鬼は「うち、5人目生まれたんすよ」と予想外の近況報告に、浦島太郎は「え、子供いたの?」、金太郎は「結婚してたんだ!」と驚くが、鬼は余裕の表情で「家族一人一人を養う的な?」と語る。「え、どんな奥さん?」と浦島太郎が訪ねると、「あ、鬼嫁です」と告白。これに桃太郎がうっかり「あ、一緒~」と漏らしてしまう。

すると、かぐや姫はまたしても鬼嫁へと豹変し、さっきよりも強い口調で「オイ!!」と凄む。浦島太郎と金太郎は震え上がり、やってしまった言わんばかりの桃太郎、その様子に指をさしながらほくそ笑む鬼。
 話は変わり、金太郎が鬼に「育児とかしてんの?」と聞くと、「自分イクメンっすよ」とまたもや予想外の返答。浦島太郎が「今っぽ~い」と褒めるとしたり顔でピースサインをする鬼でした。

 今回のCMは5人そろっての初めての撮影。最初は演技のタイミングを計っていた5人だが、徐々にアドリブの応酬に。特にかぐや姫の鬼嫁への豹変ぶりは必見。

普段の可愛らしさとのギャップには、スタッフも思わず笑ってしまうほど。
 最近悪女役がハマっている菜々緒演じる乙姫の妹だけに、かぐや姫の鬼嫁っぷりもなかなか。
こうなると鬼の鬼嫁は誰が演じるのか気なってくる。5人の子鬼もちらっと映っていたし、まだまだいろんな展開が予想される。

ソフトバンクが新CMを発表しただけに、auの方も新たな展開を見せるのか楽しみだが、商品よりCMが楽しみというのも・・・。


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ