フジテレビの番組はどうなったのか!?秋の新番組が壊滅的って話し。

Sponsored Link

長らく視聴率低迷にあえぐフジテレビ、今秋も続々と新番組を投入してテコ入れに必死だが、ビデオリサーチの週間高世帯視聴率番組10(集計期間10月12日~18日)の数字からも、厳しい現状がうかがえる。

 特に人気バラエティ番組がひしめく娯楽番組部門では壊滅的で、10月から始まった新番組「巷のリアルTVカミングアウト!」(16日)、「人生のパイセンTV」(18日)など、ベスト10にフジのバラエティー番組は一つも入っていない。全盛期には、平均視聴率20%以上(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を連発していた「めちゃ×2イケてるッ!」や「とんねるずのみなさんのおかげでした」も今や一ケタが常連。

かわって、日本テレビが1位から4位まで独占、10位内に6番組と独走状態。
 ドラマ部門では、月9「5→9・私に恋したお坊さん」第1話(12日)が12.6%で7位と健闘しているように見えるが、1位のNHK朝ドラ「あさが来た」23.1%は番組の企画的に単純比較はできないにしても、2位の「相棒シーズン14」(テレビ朝日)18.4%、「下町ロケット」(TBS)16.1%と比べると大差負けの状況で、月9ブランドも地に落ちた感が。


 音楽部門でも、「MUSIC FAIR」(17日)が5.1%で6位、「水曜歌謡祭」が打ち切られ金曜深夜枠へ移動した新番組「Love music」(16日)が3.7%で8位につけるのがやっとの状態。この集計期間中にはテレビ朝日の「ミュージックステーション」の放送が無かったのでこの順位だが、放送があれば確実に順位は下がっただろう。

 スポーツ部門ではフジが放送したプロ野球クライマックスシリーズ、ヤクルト対巨人戦(17日)が、12.4%、サッカー国際親善試合、日本対イラン戦(13日)が12.3%で1・2位を独占したが、いずれも単発番組で喜んでもいられない。
 唯一、好調なのはアニメ部門で、「サザエさん」14.0%、「ちびまる子ちゃん」9.6%で1・2位をキープ、「ワンピース」や「ドラゴンボール超」も5、7位に入り気を吐いた状態に。
 11月3日から始まる内村光良(51)司会のクイズ番組「優しい人なら解けるクイズやさしいね」に期待がかかるが、果たして。

 フジテレビの亀山千広社長も就任からいろいろ手は打ってはいるが、数字には結びついていない。ただ、視聴率が低迷しているのフジテレビだけではなく、テレビ業界全体的なもの。

ドラマでもバラエティでもかつては20%を超える番組がいくつもあったが、今では15%も難しくなっている。2桁行けば“取りあえず合格”とも言われるくらい、1桁の番組が多い。原因もテレビが面白くないともメディアの多様化とも言われているが、果たしてテレビはこのまま落ちぶれたメディアと化してしまうのだろうか・・・。

ビデオリサーチ、視聴率データ 週間高世帯視聴率番組10

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ