又吉「火花」全10話のドラマで配信!キャストはこちら!

Sponsored Link

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹著の第153回芥川賞受賞作「火花」が、インターネット映像配信サービス「Netflix」より独占配信されることが発表されていたが、この度、全10話の連続ドラマとして映像化されることが明らかになり、キャストに林遣都、波岡一喜、門脇麦の出演、廣木隆一氏が総監督を務めることが発表された。

 売れない2人の芸人が様々なひととの関わり合いの中で、笑いとは何か、生きるとは何かを模索する、若者の苦悩と葛藤を描いた作品。お笑いコンビ「スパークス」のボケ担当で常に憂鬱な性格の主人公・徳永役に林、徳永が師と仰ぐ先輩で天才肌の芸人・神谷役に波岡、神谷と同棲している女で今作の中では絶対的な美として描かれる・真樹役に門脇がキャスティングされ、その他の出演者については順次発表されるとのこと。

 主演が決まった林のコメント「ただただうれしかったです。命がけで取り組みます。この本に詰め込まれている又吉さんのお笑い哲学、お笑い愛を必死に読み解きながら、責任をもって徳永を演じます」
 波岡のコメント「正直なところ今は、楽しみ半分、不安半分な状態です。ただただ芸人さんの稽古と同じように、僕も相方と共に漫才の稽古を日々やるつもりでいます。稽古が自信に変わるまで」
 門脇のコメント「とてもうれしかったですし、今は現場にはいることが楽しみです。今回は芸人を支える女性の役ですが、強くてしなやかに表現できたらと思います」

 総監督の廣木隆一氏は、「余命1カ月の花嫁」や「ストロボ・エッジ」などを手掛けたヒットメーカー。

「芥川賞受賞作品の映像化ということはとても光栄であり、太宰治にも通じる暗さが現代にも通じると信じられる作品にしたいと思います」とコメント。各話の監督には、「凶悪」で第37回日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀脚本賞を受賞した白石和彌監督ほか、映画「マエストロ」の久万真路監督、映画「南極料理人」などの沖田修一監督の3人がそれぞれ担当する。

 11月上旬クランクインし、来年2月ごろクランクアップの予定。1話40~50分で、各話ごとに最適な尺で仕上げられる。一般的なTVドラマとは異なり、毎週1話ずつ決まった時間に放送するのではなく、全10話が一斉に世界にストリーミング配信されていく。

 一般的なドラマ枠での放送ではなくネット配信という形式。その辺の意図はわからないが、話題になることだけは確か。コンテンツの争奪戦を避ける意味合いなのかもしれないが、視聴率低迷に苦しむ局では絶対に欲しいコンテンツだけに、吉本の作戦なのかも。映画化という話もあるようだが、話題は尽きない・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ