今年のNHK紅白歌合戦の総合司会は誰?まさかタモリ?

Sponsored Link

 
10月5日、日刊スポーツが報じたところによれば、今年のNHK紅白歌合戦の総合司会に、タモリ(70)の起用が濃厚になったと。タモリは、1983年にも総合司会を務めており、実現すれば32年ぶり2度目となる。更に白組司会をV6の井ノ原快彦(39)、紅組司会を有働由美子アナ(46)が有力とも報じている。
 
udou  
 例年、紅白の司会は10月中旬に発表されているが、最近局内で司会にはタモリがいいという声が聞こえるようになったらしい。関係者の話によると、2008年からスタートして、現在、第4シリーズが放送されている同局の「ブラタモリ」(土曜午後7時30分)が好評で、若年層から中高年まで幅広い層に支持されており、今年の紅白歌合戦の顔にピッタリだと考えられているようだと。

 また、同関係者はタモリについて「紅白という大舞台の司会でも安心して頼める安定感と実力、存在感もあり、いるだけで周囲が和らぐ雰囲気もあり、話題性も十分」と太鼓判を押す。86年から司会を務めている「MUSIC STATION」(テレビ朝日系)には、タモリをリスペクトし、出演する大物アーティストが大勢いる。そういうことからも、紅白に偏らない立場ということで「総合司会」とされているようだ。

 同関係者は、紅白それぞれの司会に井ノ原と有働アナが濃厚とも話した。2010年からともに同局の「あさイチ」の司会を務め、そのコンビネーションの良さは紅白の舞台でも期待できるという。同番組で見せる軽妙なやり取りが、紅白の舞台でも見れるか。

 タモリが前回紅白の司会務めた83年は、「笑っていいとも!」(フジテレビ系)がスタートした翌年。
NHKのアナウンサー以外が初めて総合司会を務めることでも話題になり、平均視聴率が前年の69.9%から74.2%に上がっていた。オープニングで「選手宣誓、そろそろ、いってもいいかな〕との掛け声に、会場から「いいとも」との声が響いたという。

「いいとも!」人気が急上昇したころだろうか、あの頃は面白かったが低調で遂に番組も終了。タモリ人気は継続中だが、紅白の司会まで来るとは。それもこれも意外なほど「ブラタモリ」が好評なためだろう。ただこの記事では、タモリが受けるかどうかについてはふれていない。何せ関係者の話だから。有力とか濃厚とか言っても決まった話ではない。噂ではジャニーズはないだろうとも言われていたが、「あさイチ」の関係から井ノ原が有力とも言ってるし。とにかく正式発表まではあくまでも憶測ということで・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ