「サザエさん」をはじめ、声優陣の変化に驚かされる!?

Sponsored Link

 
 10月4日、フジテレビ系人気アニメ「サザエさん」の放送で、声優・寺内よりえ(62)が務める2代目フネが初登場した。この日放送された1作目「たくあんのネックレス」(作品No.7346)のなか、夕飯の支度で台所に立つサザエが「母さん、今夜のお漬物は?」という問いかけに「いささか先生にいただいた、なら漬けがあったんじゃないのかい」が2台目フネの第一声となった。
 
hune   ネット上では、「馴染めない」という声もあったが、「フネさんの声ちょっと高くなったね」「フネの声若いね」「フネの声サッパリしている」などの感想も。

 1969年10月5日の初回放送から46年間、磯野フネ役を務めてきた声優の麻生美代子(89)が高齢を理由に卒業。47年目突入となる10月4日から、劇団昴所属、女優・声優として活躍する寺内にバトンタッチとなった。これで、初回から声優が変わらないのは、サザエ役の加藤みどり(75)と、タラオ役の貴家堂子(74)の2人だけとなる。

 長年馴染んだアニメで声優が交代すると、やはり少なからず違和感が出てくる。麻生には46年間お疲れさまという気持ちにはなるが、2代目には馴染むかどうか不安もある。
寺内の声に若いという声が多いが、確かにこれまでの麻生に比べれば実年齢も若いが娘のサザエ役の加藤や、孫のタラオ役の貴家の方が年上というのも。
 

 放送開始から46年経っても、アニメのキャラは年を取らないが声優陣は確実に高齢化している。主演のサザエさんの加藤みどりも、放送当初は30歳、それが今年で76歳になる。昨年は父親の波平役の永井一郎(享年82)が急死し、急きょ、声優が茶風林に代わるということもあった。
 かと言って「ドラえもん」のように、一気に声優陣を変更することにも違和感を隠せない。それでも見続けていると、違和感はなくなるらしいが。
 

https://youtube.com/watch?v=SVO23EOVykk
 声優界も競争が激しく、今回のフネ役の交代でも相当候補があったらしい。とにかく声優の仕事は枠が少ない。更に長年同じ役を、続けている人も多く高齢化している。サザエさんにしても46年間変わっていないのだから。視聴者からすればしょっちゅう声優が代わると、馴染めないし違和感も出てくる。しかし、後進の育成や活性化ということを考えると疑問も。世界的なアニメブームにより声優を目指す若者が増えているらしいが、なかなか仕事としては厳しいところもある。クールジャパンに解決策は見出せるのだろうか?
ちなみに、アニメの中の磯野フネの年齢は50ン歳、ということで寺内よりもずっと若い。波平でも54歳。設定に無理が?・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ