「釣りバカ」「エンジェル・ハート」実写ドラマ化でも批判が少ないって!?

Sponsored Link

 
人気漫画原作の実写ドラマ化や旧作ドラマのリメイクなどに対して批判が出ることが多いが、この10月からの濱田岳主演の「釣りバカ日誌 ~新入社員浜崎伝助~」(テレビ東京系)と上川隆也主演の「エンジェル・ハート」(日本テレビ系)は、ネット上でも批判が少なく、好感を持って受け入れられているようだ。両作品とも人気コミックの実写ドラマ化だが、さほど叩かれず期待する声もある。叩かれないドラマと叩かれるドラマの違いとは、どこにあるのだろうか。
 
turibaka  

 やはり批判が少ない理由は、キャスティングが絶妙だということだろう。両作品とも主演には、役者として評価の高い濱田岳(「釣りバカ」)と上川隆也(「エンジェル・ハート」)を起用。「釣りバカ」では、大御所の西田敏行がこれまでのシリーズで演じてきたハマちゃんからスーさん役へ昇進した形で出演し、ハマちゃんの嫁(ドラマでは彼女)役には人気の若手女優・広瀬アリスに決定した。「エンジェル・ハート」でも、ヒロイン役に新人女優の三吉彩花を起用しているが、他には相武紗季、三浦翔平、高島礼子、竜雷太など実力派をキャスティング。2作品とも新人、若手をを起用する目新しさはあるものの、基本的には実力本位の配役になっているようだ。
 最近は、話題性や若者の人気などから、男性アイドルやアーティスト、アイドルグループのメンバー等の起用が目立つが、視聴率的には振るっていない。単純に人気の俳優を起用しただけでは視聴率が取れなくなっているのは明らか。そういう意味でも両作品の人気よりも実力重視のキャスティングには、十分な説得力を感じる。

 また、人気マンガからの実写化となるとSF物やファンタジー作品が多くなるが、どうしてもコスプレ感やCGに頼った演出に違和感が出てくる。その点両作品とも、それほど無理なく実写化できる点でも違和感が出ないのかもしれない。公開されたビジュアルを見ても、あまり違和感がなくドラマ化を喜ぶファンもいるくらい。

 2作品とも、特別に人気スターを立てることをせず、演技派・実力派をそろえることで、原作ありきではあるもののドラマ本来の原点に立ち戻った作品なのかもしれない。作品自体が面白く、また作品を支える役者陣がそろっていれば、視聴者はおのずと作品に惹きつけられていくもの。キャストに頼らなくても、面白いものを作ればファンはついてくるはず。

 「釣りバカ」「エンジェル・ハート」に対して批判が少なく、期待されているのは、ドラマ作りの原点に帰ったような安心感からかもしれない。放送が始まって両作品が好評となれば今後のドラマシーンにも変化が出てくるかもしれないが、果たしてどうなるか。キャスティング有きで内容を変更して批判される作品が多いなか、どこまで視聴者の期待に応えられるか注目したい・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ