フジ月9「恋仲」最終回にHKT48の指原莉乃が出て。

Sponsored Link

 
9月14日、福士蒼汰主演、本田翼がヒロインを演じたフジテレビ系月9ドラマ「恋仲」の最終回が放送され、平均視聴率が11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことがわかった。9.5%の最低を記録した6話以降微増を続けたが、結局11.5%どまりで終了した。
 
koinakaa  
 7月20日の初回が9.8%で月9史上最低のスタート、2話9.9%、3話が11.9%で最高、4話が10.8%、5話が11.8%、6話が9.5%で最低、7話が10.6%、8話が10.9%という数字で最終回が11.5%。

 富山から上京した建築士見習い・三浦葵(福士蒼汰)が初恋の人・芹沢あかり(本田翼)と7年ぶりに再会し、恋敵・蒼井翔太(野村周平)との三角関係などを描いた王道のオリジナルラブストーリー。最終回は15分拡大で、エンディングの一部は生放送され、HKT48の指原莉乃が出演するなど話題になったが、この程度の視聴率にとどまった。

 生放送部分で、主人公の三浦葵(福士)と芹沢あかり(本田)を携帯での撮影を依頼される通行人として出演した指原莉乃。
出演終了後自身のツイッターで「これで指原も月9女優になれました。皆様ここまで支えてくださりありがとうございました!」と冗談を交え、直後に「うそ!ただの恋仲ファンなのになぜか出してもらえました なにこれ奇跡 ありがとうございます お邪魔しました」とつづり、
続けて「本当に夢のような経験でした。本当に大ファンでずっと見ていたドラマだったので、極力作品を壊さぬよう、もともとないセリフをさらに限界まで減らしていただいたりと。」感謝の言葉もコメントし、撮影現場での画像もアップした。

指原が撮影した写真は、「恋仲」公式ツイッター上にも公開されている。

 どこの記事でも、右肩上がりだの、有終の美などと賛辞が出ているが、そんな褒められた数字ではない。これで15%とか行けばそういう表現にもなるだろうが、月9史上最低で始まり9話平均で10.74%。この数字は月9の歴史の中でもかなり低い方(多分3番目)。

しかしながら最近のドラマの視聴率では、平均で2ケタ行けば合格とも言われるだけに、まだましな方かも。一部では盛りがっている風の記事も出ていたが、結局はこの程度。ちなみに月9のワーストは昨年4月期の「極悪がんぼ」(尾野真千子主演)で、11話平均9.9%、月9最低記録の7.4%(10話)も記録している。

 ところで「恋仲」の出演者たちの今後の仕事にこの数字が影響しなければいいが、中には役者としては検討した方が良さそうな人も・・・。

指原莉乃の登場シーンはこちら

https://youtube.com/watch?v=wurzLLB97dA

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ