女優の広瀬すず 主演映画「ちはやふる」チラシビジュアル!

Sponsored Link

 
9月13日、女優の広瀬すず主演で2部作で実写映画化される「ちはやふる」(2016年3月、4月公開)のチラシ第1弾ビジュアルが解禁された。コミックの表紙をそのままデザインしたビジュアルに広瀬は「千早として撮っていただけて本当に光栄です。完全実写化という難しさも実感しましたが、出来上がったビジュアルを観て夢が叶った感じです」とコメント。
 
suzu3  
 解禁されたビジュアルは、広瀬演じる主人公・綾瀬千早が、百人一首の中で一番大切にしている句「ちはやふる」の札を手にした表情のアップ。高校生になった千早の物語が始まる、原作第2巻の表紙のデザインを踏襲、原作への尊敬や敬意、千早の競技かるたへの思いを強調したビジュアルとなっている。

 撮影時には、原作から千早が抜け出してきたような広瀬の姿にスタッフから感嘆の声が上がったとか。原作の大ファンでもある広瀬は「本当に光栄。「千早」なんだって改めて実感させてもらえた撮影で、とても幸せでした」と、感激した様子で話した。

 撮影現場で千早を演じる広瀬を見た原作者の末次由紀氏が、「千早がいる」と感激したことがきっかけで、原作のイメージと広瀬演じる千早の魅力が最大限表現できるビジュアルとして制作されたという。

 同作は、競技かるたに情熱を懸ける高校生たちの友情、恋愛、成長をを描く人気コミックの実写化。出演は主演の広瀬すず、千早の幼なじみの真島太一を野村周平、千早と太一をかるたの世界に引き込む綿谷新を真剣佑の他、かるたクイーン・若宮詩暢を松岡茉優、千早が通う瑞沢高校の教諭に松田美由紀、千早の百人一首の師匠・原田役を國村隼が演じる。映画は2部作で「上の句」が来年3月、「下の句」が同年4月に公開予定。同チラシは、9月19日より全国の劇場に掲出される。

 公開されたビジュアルは、確かにコミックの表紙を彷彿させる。ただ問題は、広瀬が一言セリフを言った瞬間、原作ファンが描いているイメージに添えるかどうか。絶大な人気を誇るコミックだけに、実写化には反対の意見も多い。忠実に実写化するのは不可能だろうし、いい意味でイメージを覆してくれるなら納得も出来るだろうが、下手すれば総叩き、バッシングの嵐にも。その辺は1枚のビジュアルだけでは判断できない。広瀬はこの後、実写版「四月は君の嘘」でも主演を務めるが、多分同じような見方をされるだろう。期待に応えられるかどうかが、広瀬すずの女優としての今後を左右するかもしれない。それにして、漫画の実写化の多いこと・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ